2018年1月4日

犬を飼う前に読んでほしい「犬を飼う飼い主の責任と心構え」について1/2

ペットブームなどにより犬を購入すること自体の敷居が低くなり、犬を飼う家庭は増え続けています。

当然ながら、犬を迎えることは“命を預かること”なので、物を購入するのとはわけが違います。

今回は犬を飼う際に覚えておいて欲しい飼い主の責任についてお話します。

お迎えするか悩んでいる方の参考となれば幸いです。

犬が快適に暮らせる環境を作る責任

木陰に座るビーグル

犬を飼う責任1:生活環境の構築

まず愛犬には幸せに暮らしてもらいたいですよね。飼う場所の確保はもちろんのこと、食事や水などもしっかり管理して上げましょう。

食事は犬種や年齢に合ったものを与えるということも必要です。

犬を飼う責任2:健康管理

そして毎日状態を観察して異常がないかチェックすることも必要です。

病気の予防にもちゃんと取り組む必要があります。

狂犬病や感染病など感染すると周囲の人達にまで危険が及ぶ病気もあります。

予防法としてワクチンをしっかり摂取させてあげてください。

犬種によっては運動不足が直接的に健康問題にかかわってくる場合もありますので、その犬にあった距離の散歩をしっかりとしてあげましょう。

犬を飼う責任3:家族での役割

4人家族とその愛犬が芝生で遊ぶ様子 もし家族で犬を飼おうとしているならばこれらの世話を誰がどのように担当していくのかなどを決めておくということも重要です。

家族それぞれが責任を持って飼っていくことが必要になってきます。

「自分は犬の世話には関わらない」と断言する方がひとりでもいるのなら、もう一度お迎えすること自体を検討する必要があります。

「どうして?」と詰めるような話し合いではなく、中立的な視点で話し合いをしてください。

反対したり、世話を拒否するのには必ず理由があります。

それが感情(犬に興味がない、単純に面倒)であったとしても、ちゃんと真剣に聞いてください。

歓迎してくれない人がいるお家に迎えられた犬の気持ちを考えて、そうならないよう家族全体が協力する姿勢を見せる状態にしておくことも“未来の飼い主”の責任です。

それが出来ないようであれば、きっとお迎えした後にもっとたくさんの問題が出てきます。

そしてその問題を解決するための話し合いもしっかり行えない状態では、皆が辛い思いをするのではないでしょうか。

繁殖を制限する責任(避妊・去勢)

同じキャリーの中から顔を出しているチワワとポメラニアン

犬を飼う責任4:子犬が出来ると、想像以上に大変

繁殖をして増えすぎないように管理するのも、飼い主の責任のひとつです。

犬は一度の出産で複数頭の子犬を産む場合が多く、そうなった場合、全員の面倒を見れないこともあるでしょう。

その時子犬がどうなってしまうのか、考えてみてください。

そうならないために繁殖を制限することも飼い主に必要なことです。

不妊去勢手術をしてあげることで、望まれない繁殖をなくしたり、その器官の病気を予防することができます。

犬を飼う責任5:避妊・去勢手術について学ぶこと

一方で、避妊や去勢手術は犬の身体に負担をかけることもあり、それが絶対と言い切ることは専門家の見地からも難しいものです。

犬の将来を見据えて「するか」「しないか」の決断をすること、この選択肢に苦悩することも飼い主の“責任”と考えて下さい。

しない、と判断したら散歩やドッグラン中も気を配る必要があります。

する、と判断したなら手術前後のケアを徹底してください。

▼避妊手術のリスクなどについては、獣医師監修のもと、こちらで詳しく解説しております。

【獣医師監修】犬の避妊手術の方法と適正時期とは?



この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP