2017年12月28日

【画像で解説】柴犬のタヌキ顔とキツネ顔の特徴や歴史について1/2

国内国外を問わず人気の高い柴犬ですが、容姿が2種類にわけられることはご存知ですか?

タヌキ顔とキツネ顔の2種類に分けられる柴犬、それぞれの特徴や歴史などを紹介します。

「キツネ顔」タイプの柴犬の特徴は?

椅子の近くに立っているキツネ顔の柴犬 面長ですらりとした顔立ちが特徴的なのが“キツネ顔”タイプの柴犬です。体格も細身で凛とした印象を持つ柴犬ですね。

こちらのキツネ顔タイプは歴史が古く、なんと縄文時代の遺跡から同じ骨格が見つかったということから、別名「縄文柴」とも呼ばれています。

その時代から狩猟犬として活躍していたということで、歯もタヌキ顔と比べると大きくなっています。体格も少しキツネ顔の方が大きめです。

立っているだけで様になるかっこよさがキツネ顔の柴犬の魅力です。

▼走る姿
走る柴犬
▼リラックスしている姿
テラス席の近くの芝で座っている柴犬

「タヌキ顔」タイプの柴犬の特徴は?

正面から見るタヌキ顔の柴犬 一方の“タヌキ顔”ですが、こちらの特徴は丸みを帯びたフォルムです。

目や鼻なども丸く愛嬌たっぷりの見た目で、見比べてみるとタヌキにそっくりだったりします。

こちらのタヌキ顔は長い歴史の中でキツネ顔から派生した種類だと考えられています。

そのため「新柴犬」などと呼ばれたりもします。

人気のある小型の柴犬、豆柴などもこちらに分類されることが多いですね。

見ているだけでなんとなく癒される柔らかい風貌、それがタヌキ顔の柴犬の魅力ではないでしょうか。

▼走る姿
走る柴犬
▼リラックスしている姿
前足を組んでフセをしている柴犬

合わせて読みたい記事はコチラ↓↓

【画像まとめ】ツッコミ系柴犬(ジョシーバ)小町ちゃんが可愛い


海外でも大人気!「柴犬」ってどんな犬?


次ページ:子犬のうちは判断がつきにくい

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP