2018年5月6日

ブリーダーから犬を迎えるときのポイントとは?1/2

能動的に犬を飼い始めるときには、ペットショップからの購入、里親になる、そしてブリーダーから子犬を迎える、といった選択肢があります。

ここでは、ブリーダーから犬を購入するときの流れや良質なブリーダーを選ぶ方法についてご紹介します。

犬のブリーダーとは

子犬が柵の中から上を見ている様子 広義の意味での犬のブリーダーとは、犬の繁殖(ブリーディング)を行って市場に流通させている人のことを指します。

この事から、ペットショップにいる可愛い子犬たちは、全てブリーダーの手によって誕生しているとも言えます。

ブリーダーの中には、ペットショップなどに売るのではなく、直接販売を行っている人もいるので、一般人であっても子犬を直接購入することができます。

ブリーダーの種類

しかし、ブリーダーといっても、その在り方は大きく異なります。

専業繁殖者と呼ばれるブリーダーから、ペットショップ経営兼ブリーダーやペットショップ経営直下のブリーダー、プロブリーダーから、一般人ブリーダーまで幅広く混在しています。

専業繁殖者

ブリーダーの中で、最も割合が多いと言われているのが、専業繁殖者と呼ばれる業者(人)です。

割合が多いことや、大量の繁殖を行っている事から、最も市場に浸透していると言えます。

特徴として、多くの犬種の繁殖を大量に行っているのが特徴です。

また、パピーミル(子犬工場・子犬製造工場)は、こういった専業繁殖者の一部のことを指す場合があります。

パピーミル問題

パピーミル問題とは以下のような状態の事を指します。

・大量の子犬を生産する事を目的とする
・狭い檻の中等に閉じ込め、自由を与えない
・不衛生な檻の中に、長い間閉じ込める
・最低限の餌、水分などしか与えられない
・十分な餌、水分を与えずに死亡させる
・病気や骨折などが、放置される
・母体の影響を鑑みずに、妊娠と出産を頻繁に繰り返す
・必要のなくなった犬を放置する、捨てる、命を奪う

ペットショップ関係のブリーダー

ペットショップの経営者などが兼業として行うブリーダー、ペットショップから依頼された犬種の繁殖を行うブリーダー、ペットショップに売る事を目的としたブリーダーなど。

プロブリーダー

ソファのパグ3匹 一犬種、もしくは少犬種の繁殖を行っている事が多いブリーダーを指します。

犬種のスタンダード(協会指定の標準)に近い形での繁殖を目指し、コンテストやショーへの参加に励むブリーダーや、遺伝病などを少なくする事を目的としたブリーダーも居ます。

プロのブリーダーの中には、希望者への販売のみとしている方や、ペットショップ関係などにはあまり販売しないという方も居ます。

取り扱っている犬種が少ないこともあり、犬種への知識が深いことなども特徴です。

一般人ブリーダー

趣味で繁殖を行って販売している人や、多頭飼いをしていた際に、繁殖が行われた事から一般人が関わった状態などを指します。

過去には、趣味で繁殖を行って販売している一般人ブリーダーがパピーミル問題を起こして報道されたこともあります。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。
スポンサーリンク




PAGE TOP