2018年1月13日

かわいい!犬が笑顔を見せるその理由とは?1/2

犬も人間と同じく感情を持ち合わせ、喜んだり怒ったりしますが、その感情が表情に現れている犬もいれば、まったく表情が変わらない犬もいます。

飼い主から見てみると、思いきり喜んでいる表情に見えても、他人から見るとまったくいつもと変わらない表情のように見えたりもします。

犬は人間のように言葉が話せないからこそ、その時々で見せる表情が、どんな感情を表している表情なのか、とても気になりますよね。

特に犬が笑っているように見える表情と出会った時には、最高に嬉しく思い、こちらまで幸せな気持ちにさせてくれるものです。

犬はいったいどんな時に私たちに笑顔を見せてくれるものなのでしょうか。

今回は、犬が笑顔を見せるその理由に迫ってみたいと思います。

理由①飼い主の表情を真似ている

笑顔でこちらを見る耳の大きな犬 飼い主が愛犬をかわいいと思うのと同じように、犬も飼い主のことが大好きです。

大好きな飼い主のことをよく見ている犬は、飼い主が嬉しい時や喜んでいる時の表情が、どんなものなのかもよく把握しています。

飼い主が嬉しい時にする表情をそばで見て学習し、真似をすることで笑顔を作っているのです。

自分がこの表情をすれば、飼い主もきっと幸せな感情を抱くであろうということも、犬はしっかり学習しています。

飼い主がいつもにこにこしていると、愛犬も笑顔を見せる機会が多くなり、複数の犬が同時に飼われている場合には、他の犬の表情を真似て、笑顔を作ることもあります。

理由②カーミングシグナル

花畑で笑顔を見せる茶色い犬 「カーミングシグナル」とは、言葉を話すことができない犬が、不要な争いや対立を回避するために本能的に備わっているものです。

ノルウェーの動物学者トゥーリッド・ルーガス氏が提唱し、現在までに27個ものシグナルが発見されています。

犬の笑顔は、このカーミングシグナルの1つであり、相手と自分を落ち着かせるための合図とも言われています。

初めて会う相手に敵意がない時や、コミュニケーションをとりたいと感じている時にこそこのカーミングシグナルにより、笑う表情を見せたりします。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP