2018年1月17日

犬に頼られない飼い主に共通する3つの特徴1/2

犬を飼って最初にぶつかる壁が躾です。飼い主と犬は、この躾を通して信頼関係を築きます。

子犬のうちの躾に失敗すると、飼い主を頼りにしない犬になってしまい、その後の飼い主との関係に大きな影響を与えます。

そこで今回は、犬に頼られない飼い主に共通する3つの特徴と、犬に頼られる飼い主になるコツについて解説します。

1.嫌なことを延々としてくる飼い主

遊ぶ3頭の犬たち 犬にも個性があり、その犬によって好きなことと嫌いなことがあります。

それが犬と生活する上であまり支障がないことの場合、ある程度は犬の個性を尊重することも必要です。

例えば抱っこされるのが苦手な犬もいます。

しかし、飼い主が抱っこしたいからと嫌がっているのに無理やり抱っこし続けると、犬は飼い主を「嫌なことをする人」と認識し近寄ることすらしなくなります。

このようになってしまうと信頼関係の構築は出来なくなってしまいます。

2.とにかく甘やかす飼い主

リンゴを咥えて走るダックス 「家の中の移動も常に抱っこする」「おやつが欲しいなど、犬の要求にすぐ応えてしまう」「犬がいたずらをしても、叱ることをしない」など、可愛さのあまり犬をひたすら甘やかし、犬と主従関係を築くことを意識していないタイプです。

主従関係がはっきりしないと犬は自分の方が上と勘違いし、自分の要求が通らないと飼い主に吠えたり、噛みついてしまうようになるため、信頼関係を築くどころではなくなります。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP