2018年1月24日

中型犬で抜け毛が多い犬種トップ51/2

犬を飼う上で避けて通れないのが抜け毛対策です。

服に付いたままだと衛生上よくありませんし、室内で飼っている場合には部屋が汚れてしまって掃除が大変です。

抜け毛が犬の体に絡まったままだと毛玉になったり、皮膚病の原因になったりするので、毎日ブラッシングをするなど抜け毛対策をしなければならないので手間もかかります。

犬種によって抜け毛の多さは異なってくるので、事前に抜け毛が多いことが分かっていれば、飼う上での心構えができます。

そこで今回は、中型犬で抜け毛が多い犬種のランキングベスト5をご紹介します。

5位 シェットランドシープドッグ

緑の上でこちらを見るシェットランドシープドッグ シェットランドシープドッグは、ダブルコートなのでもともと抜け毛が多い犬種です。

それに加えて運動能力が高く、俊敏に走り回ることが多いのでより抜け毛が多くなります。

毛の量も多く、長毛でストレートヘア―なので抜けた毛は目立ちます。

スコットランドのシェットランド諸島原産の牧羊犬で、寒い時期でも外で羊飼いの仕事をサポートしていた犬ならではの特徴です。

また、皮膚病になりやすいので抜け毛対策は欠かせません。

4位 ボーダーコリー

芝生の上でこちらを見るボーダーコリー ボーダーコリーもダブルコートで運動神経抜群、活発な性格のため抜け毛が多い犬種です。

スカンジナビア半島からイギリスに持ち込まれたトナカイ用の牧畜犬と、イギリスの在来犬種の交配によって誕生し、イギリスで牧羊犬として使われていました。

夏前には特に抜け毛が多くなります。

寒さには強いですが、暑さには弱いため室内で飼うことが多く、ブラッシングをするなど抜け毛対策が必要です。


3位 キースホンド

草むらの上でこちらを見るキースホンド キースホンドはオランダで船舶犬や狩猟犬として使われていた犬種でダブルコートです。

一見、タヌキのようにも見えるふさふさした毛をしています。

毛が生え変わる換毛期である春と秋には大量の抜け毛が出ます。

成犬になると抜け毛の量は減ってきますが、メスは発情期になると毎日多くの抜け毛が出ます。

毛がもつれやすいので皮膚病になることが多く、毎日のブラッシングケアは欠かせません。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP