2018年1月25日

抜け毛が多い小型犬は?トップ5をご紹介1/2

犬を飼い始めて改めて悩まされるのが、抜け毛です。

以前までは、犬は番犬として屋外で飼われることが多かったのですが、現在では様々な犬種の犬を家の中で飼う人が多くなり、共に家の中で生活する上で、対応しなくてはならないことが多くなりました。

その1つが"抜け毛"です。

今までは頻繁に掃除をする必要のなかった家の中ですが、犬を迎えたとたん毎日掃除機をかけないといけなくなった方も多いのではないでしょうか。

今回は毛が抜けやすい小型犬のランキングをご紹介したいと思います。

家族に迎えるにあたって、どの犬種を選ぶか、参考の1つにしてみてください。

5位 フレンチブルドッグ

犬用ベッドからこちらを見るフレブル フレンチブルドッグは毛が短くて、見た目からは抜け毛が多いという想像がつきませんが、実は比較的多くの毛が抜けます。

上毛と下毛の2重毛のダブルコートという毛の生え方をしており、季節によって抜け落ち体温調節できるようになっているのです。

抜け毛が多くなってきたなと感じたらブラッシングをする必要があります。

驚くほどごっそり抜け、ブラシをかけてもかけても面白いほど毛が抜けます。

4位 ペキニーズ

ベンチの上に佇むペキニーズ かわいらしい鼻ぺちゃとふわふわな毛が特徴のペキニーズ。気ままな性格で猫のような性格を持っています。

長くフワフワしている毛は、フレンチブルドッグ同様ダブルコートで、特に毛が多いという特徴を持っています。

ほぼ毎日のお手入れが必要で、毛が長くフワフワしているため、ブラシを使い分けてブラッシングするのが理想的です。

素敵で優雅な雰囲気漂う毛ですから、しっかりお手入れしてあげたいものです。


3位 ミニチュア・ダックスフンド

カーペットの上で伏せているダックスフンドの子犬 こちらもダブルコート故に抜け毛が多いと言われている犬種です。

しかし、ダックスフンドの被毛は三種類あり、それぞれ抜け毛のレベルも変わってきます。

抜毛の量の多い順で並べると、以下のようになります。

ロングコート>ワイヤーヘアー>スムースコート

特にロングコートは耳や胸の飾り毛が柔らかく、ケアを怠ると毛玉ができてしまいます。

シャンプー前にブラッシングもしっかりしておく、服を着せる、といった工夫をすればお掃除の手間も変わってきますよ。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP