2018年1月29日

愛犬が飼い主に見せる信頼の証4つ1/2

あなたは愛犬から信頼されているという自信はありますか?

幸せなドッグライフのためには、トイレトレーニングや無駄吠えなどのしつけが必要になります。

しかし、ただうるさく言いつけたり、叩いたりすると愛犬からの信頼を損なうだけです。

しつけのためには、愛犬からどれだけ信頼されているかが重要になってきます。

あなたが愛犬から信頼されていれば、しつけは驚くほどスムーズにすすむでしょう。

今回は、犬が飼い主に見せる信頼の証について解説していきます。

アイコンタクトがとれる

犬の額に口を付ける飼い主 普段、愛犬とどのくらい、目が合うでしょうか。

散歩の時に歩きながら、あなたを見上げたりするでしょうか?

名前を呼んだときにあなたの目を見て、次の言葉を待っているでしょうか?

そしてあなたは、愛犬とのアイコンタクトで何を要求しているか分かるでしょうか?

犬とのアイコンタクトは最も簡単で手軽な意思疎通の方法ですので、犬がじっとあなたのことを見つめているときを見逃さないようにしてあげて下さい。

最初は何を要求しているのか分からなくても、アイコンタクトで目が合う機会が増えるれば増えるほど、犬の言いたいことが分かってくるようになるはずです。

目が合う、要求が叶うの繰り返しであなたへの信頼は増してくるのです。



名前を呼ぶと反応してくれる

飼い主に顔を近づける犬 愛犬は名前を呼ぶとあなたの元に駆け寄ってくるでしょうか?

あなたの声が聞き分けられることと、名前を呼んであなたの元に駆け寄ってきてくれれば、信頼関係は良好でしょう。

また、興奮した時や散歩中に他の犬に吠えたり、吠えられたりしたときに名前を呼んであげることで、冷静になり吠えることを止めたり、興奮状態から覚めて落ち着くことができれば信頼されている証です。

合わせて読みたい記事はコチラ↓↓

犬が飼い主に見せる愛情表現4選


犬が飼い主を心配するときの4つの行動


次ページ:服従のポーズをとる

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


 

合わせて読みたい

PAGE TOP