2018年1月30日

犬が小さく丸くなって寝る。その理由とは?1/2

人間の寝る時のスタイルが1人1人違うように、犬も寝る時のスタイルには違いがあるものです。

状況に応じて寝るスタイルが変わったり、体調や心理状態によっても、寝る時の姿に変化が現れたりします。

特に、丸くなって寝ている姿はとても可愛らしく、見ている方もなんだか幸せな気持ちになったりしますよね。

犬が丸くなって寝るスタイルはよく見かけるため、ある意味とても見慣れた寝姿でもあります。

そのため、犬は丸くなって寝るのが当たり前のように感じてしまいますが、どうして丸くなって寝るのか、その理由はご存知でしょうか?

犬の寝姿について考えると共に、犬が丸くなって寝る理由について、徹底解析していきましょう。

犬が寝る時のスタイルとは?

ぬいぐるみを抱くフレブル 犬にも様々な寝姿があります。

両前足を前にだし、その上に顎を乗せてうつ伏せになったり、立ち姿からそのまま横倒しになったように、横向きになって寝る犬もいます。

中には、完全にお腹を見せて寝る犬もおり、犬の寝姿は実に様々です。

そんな中でもよく見かける寝姿が、体全体で円を描くように、丸くなって寝るスタイルです。

鼻先に、尻尾の先端がくるようにして丸くなって寝る姿です。

毎日決まったスタイルで寝る犬もいれば、日によって違うスタイルで寝る犬もいて、寝姿にも犬の個性が現れます。

犬が丸くなって寝る理由は?

ソファで寝るゴールデン

犬の習性


その昔、野生の犬は集団生活をしながら、狭い穴で寝る生活を送っていました。

そのため、狭い空間でも寝れるように、体を丸めることで、場所をとらないようにして寝るスタイルが定着したといわれています。

その名残として、現在でも丸くなって寝る犬がたくさん存在するのです。

また、横倒しになったスタイルで寝るのは、敵の襲来から身を守るという習性から来ているとも言われ、敵がやってきた際にすぐに飛び起きることを想定して、そのような寝姿で寝る犬もいます。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP