2018年2月27日

犬が床を舐める4つの理由1/2

犬がよくとる仕草の一つに、床を舐めるというものがあります。

不衛生なので舐めないように対策を考える飼い主も少なくないでしょう。

しかし、これには様々な理由があると言われています。

今回は、床を舐める理由と対策について4つほど挙げさせてもらいます。

犬が床を舐める理由①【落ちた食べ物や飲み物】

犬が床を舐めている様子 食事の途中に誤って食べ物を落としてしまった時に、愛犬が猛スピードで向かってきて食べようとして怒った経験があるかもしれません。

そして、落ちたものを回収した場合でも、犬はそこをずっと舐めます。

とても単純な理由なのですが、落ちた食べ物や飲み物の匂いが残っているので犬はそこがとても気になるのです。

小さなお菓子のかけらでも犬にとっては良い匂いさえすればずっと舐めていられます。

しかし、掃除をしているとは言っても時間が経てば不衛生になり、ワックスなどをかけていれば化学品が犬の口に入るのと同じだと言えます。

そのため、食べ物などは出来るだけ落とさないように注意し、落としてしまった時は、拾うだけでなく、すぐに拭き取りましょう。

犬はとても嗅覚が鋭い生き物なので拭いただけでは匂いが消えずに床を舐めることがあります。

拭いても床舐めを止めないようであれば、逆に犬の嫌いな匂いを上乗せしましょう。

そういったスプレーなどは、ペットショップなどでも販売しているので試してみてください。

犬が床を舐める理由②【運動不足などによるストレス】

ストレスがたまっていそうな犬 飼い主の事情に限らず、雨などの影響で散歩に行けない場合は、それが原因でストレスが溜まり床を舐める事もあります。

その他の行動として、床をかじる事があります。

もし、食べ物を落とした記憶もないのに、頻繁に床を舐める、かじる等の行動が見られる場合は、短時間であってもいいので遊んであげる時間を作ってあげましょう。

いつも遊んでいるおもちゃで大丈夫なので構ってあげることが重要です。

それでも直らないようであれば体の不調によるストレスの可能性もあります。

いつもと違って食欲がないときや、動きが鈍いようであれば動物病院へ連れていってあげましょう。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP