2018年9月21日

ポメラニアンを飼うと気が付く4つの発見とは?1/2

日本国内で人気犬種のひとつに挙げられるポメラニアン。

愛らしい顔とまんまるとした体に癒される飼い主の方は多いのではないでしょうか。

今回は、大人気の犬種『ポメラニアン』を飼うと気が付く4つのことを紹介します。


スポンサーリンク

アニコムバナー①

1.ポメラニアンは骨が細い

餌をもらうポメラニアン 小型犬の中でも特に骨が細い部類だといわれています。

そのため、あまり激しい遊びや運動には注意が必要です。

ただし、非常に活発な性格なので、毎日の適度な運動は欠かすことはできません。

1日に1回15~30分の散歩で十分な犬種です。

特に高い場所からの飛び降りや階段からの落下などには注意が必要となりますが、過度な心配は犬に伝わってしまいますので、神経質にならず出来る範囲で危険防止の対策を心がけるようにしましょう。

2.躾の楽しさや充実感は素晴らしい

こちらを見つめるポメラニアン ポメラニアンは基本的に躾がしやすい犬種とされ、犬を飼うことが初心者の方にも扱いやすいといわれています。

躾が難しい犬種もいる中で、ポメラニアンを飼うことで躾の楽しさや充実感を学ぶことができるでしょう。

また、ポメラニアンは非常に頭がよく、比較的従順な性格と言われるのも特徴です。

そして注意深い性質もあるので、身を守る一つの手段として無駄吠えをする傾向が強く、無駄吠えに対する正しい躾が必要になります。

注意点としては、きつく叱りすぎたり、体罰をしてしまうと性格が歪んでしまい、より一層、無駄吠えや『懐いてくれない』という結果になるので叱り方には注意しましょう。

自信がない場合、躾教室を利用するのも良いでしょう。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。
スポンサーリンク

アニコムバナー①


PAGE TOP