2018年12月5日

トイレの仕方で犬の気持ちがわかる?その心理とは1/2

ただ犬がおしっこをしているだけの行動に犬の気持ちが隠れていることがあります。

犬のトイレの仕方に、どんな意味があるのでしょうか。

生理現象以外におしっこをする意味は?

マーキングする犬 犬は生理現象以外でもおしっこをするときがあります。

散歩中の犬が電柱に足を上げてシャーっとかける仕草は、犬が自分の縄張りだとマーキングをしていることだと知っている方も多いでしょう。

おしっこの後に電柱を蹴ったり、後ろ足で地面をひっかくような仕草をしたりすることもありますが、これもマーキングの続きで、自分のにおいをより広げるためにしています。

マーキングをするのはほとんどが雄犬ですが、雌犬も気が強い子だとすることがあります。

中には電柱でなく、飼い主にマーキングする犬もいます。

自分の大好きな飼い主を他の犬にとられないようにと思っての行動ですから、嬉しいやら、おしっこをかけられて悲しいやら、複雑な気持ちになりますね。

こちらを見つめるシーズー
生理現象以外のおしっこには、カーミングシグナルの意味もあります。

カーミングシグナルとは、犬や猫などの動物が仕草で気持ちを表すボディランゲージのことです。

『カーミング』は英語で『落ち着かせる』という意味があり、ストレスを感じたときに行なったり、犬同士が会ったときに喧嘩しないように行なったり、飼い主に対して何かを訴えてのサインだったりします。

飼い主に大好き!と尻尾を振るのもカーミングシグナルの一つです(尻尾の振り方によっては違う意味もあります)。



外でのトイレでわかる犬の気持ち

マーキングする2匹の犬 生理現象でもなく、マーキングでもなく、知らない犬と出会った時に突然ジャーっと犬がおしっこを漏らすときがあります。

しかも相手の犬がそれをクンクン嗅いだりして、相手の飼い主さんに申し訳ないと思ったことはありませんか?

実はこれ、初めて会った犬に対する挨拶なのです。

自分はこういう犬なんです、仲良くしてねと相手の犬に見せている行動です。

散歩中、他の犬でなく、飼い主を見ておしっこをするときも同じような気持ちです。

飼い主のことを信用していますよと伝えているのです。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


 

合わせて読みたい


Qpet協力ドクターの紹介
カテゴリー一覧

PAGE TOP