2018年7月21日

【このニオイは…】散歩中に犬を魅了する屋外のニオイとは?1/2

私たち人間と同じ哺乳類である犬は基本的な身体機能が共通してますが、犬の持つ能力の中で突出しているのが嗅覚と聴覚です。

古代から人間は高い能力を持つ犬の嗅覚と聴覚を猟犬として利用し、犬と共存しながら生きてきました。

現代でも犯罪捜査や救助犬、ガイド犬として、近年は癌探知犬として医療現場にまで活躍の場を広げながら私たち人間を助けてくれています。

今回は人間の約100万倍の能力を持つともいわれる、非常に鋭い犬の嗅覚に焦点を当て犬の好むニオイを紹介します。

犬の好きなニオイにはどんな傾向があるのか?

砂浜を走る犬 犬は本来群れを作って狩りを行い集団生活を行う習慣があります。

群れの中では序列が決まっていて、その序列を乱すことなく暮らす非常に高い社会性を持つ動物です。

このような習慣は現代の人間社会に溶け込んで生活する犬にとって必要のないものですが、本能として現代でもDNAに組み込まれているようです。

基本的に犬が好むニオイは自分の属する群れや家族のニオイ、獲物となる動物のニオイや肉や血液などのニオイを好む傾向にあります。

目に見えない犬社会とはニオイでコンタクトを取る

散歩する女の子と犬 ペットとして飼われている犬にとって他の飼い犬と接触する機会は非常に少ないといえます。

しかし自分の散歩コースに「マーキング」を行うことで、テリトリーを形成し私たち人間には見えない犬社会(群れ)を構成しているのです。

他の犬が行ったマーキングは犬にとって恰好の情報収集のチャンスだといえます。

興味深げに電信柱や家の塀などのニオイを長時間嗅いでいるのは、多くの場合他の犬がマーキングした場所だと考えられます。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP