2018年11月7日

屋外で犬が嫌うニオイまとめ4つ1/2

人間の私たちも嫌いなニオイというものがありますよね。

日々の暮らしの中で、実に様々なニオイがする中、生活をしています。

そして、私たち人間と同様に、犬にも様々なニオイの中で好き嫌いが存在します。

特に犬の嗅覚は人間の何倍ともいわれています。今回はそんな犬が『屋外』で感じている嫌なニオイ4選をご紹介します。


スポンサーリンク

アニコムバナー①

タバコの煙やニオイが嫌い

何かを見つめるパグ 犬は基本的に煙には非常に敏感です。

それは嫌いだとか好きだとかではなく、習性であり煙が漂ってくると異変を察知しニオイの源を探そうと嗅ぎまわります。

タバコの煙の場合は犬も人間と同じように「むせる」という様子をみせたりします。

さらに、人体に対してもタバコの煙は良くないように犬にも当然ながら良い影響はありません。

それに犬はタバコの臭いが大嫌いです。

犬だけにとどまらず、ほとんどの動物はタバコの臭いが嫌いです。

また、タバコの煙が原因となり喉や鼻のアレルギーを発症する場合もあります。

犬にも分煙の優しさが必要とされますね。

ガソリンなどの刺激臭が嫌い

何かを見つめる犬 通常屋内であればガソリンのニオイなどすることはないのですが、屋外だとそうもいきませんよね。

例えば散歩中にガソリンスタンドの近くを通りかかった時、犬はいち早くその場から立ち去ろうとしてリードを強く引いたりする場合があります。

人間の感覚からしてもガソリンのニオイは強烈で非常に刺激が強いものです。

人間の嗅覚よりも桁外れに上回っている嗅覚をもつ犬からしてみれば、まさに異臭そのものといえます。

また、ガソリンのニオイを嗅ぎ続けていると人間も頭がフラフラしてきますよね。

犬も同様でガソリンや灯油などの類はニオイうんぬんではなく、刺激そのものに対しても不快に感じています。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。
スポンサーリンク

アニコムバナー①


Qpet協力ドクターの紹介
カテゴリー一覧

PAGE TOP