2017年6月22日

大型犬を飼うならどの種類?犬種別の性格や注意点を紹介!1/4

今回は「大型犬に憧れているけれど、犬種がたくさんいて迷っている」という人向けに、犬種別の性格や注意点をまとめています。

また、大型犬を飼う際は生活スペースの確保は必須ですし、飼い主の指示をちゃんと聞ける子にしておかないと、身体が大きいぶん小型犬などよりも制御が難しくなります。

しつけを含め、大型犬のお世話にはどのような準備が必要かブリーダーなどの専門家にあらかじめ相談しておくことをおすすめします。

ラブラドールレトリバー

木の棒をくわえるラブらドールレトリーバー 大型犬のなかでも不動の人気をもつ犬種です。順応力の高さや穏やかな性格、コミュニケーション能力の高さから、盲導犬や警察犬としても採用されています。

家族との絆を重視する犬種なので、飼い主と一緒の時間を多くするよう心掛ける必要があります。そのため、大型犬ではありますが室内飼育が向いている犬種です。

ゴールデンレトリバー

こちらを見るゴールデンレトリーバー こちらも人気の種類です。温和で大人しく攻撃性が低いため、小さい子供がいる家庭でも安心して飼うことができます。

ラブラドールレトリバーと同じ理由で室内飼育がおすすめですが、肥満を防ぐために毎日最低1時間以上の散歩を行うことが理想です。


シベリアンハスキー

雪の中を歩くシベリアンハスキー 精悍な容姿が人気の大型犬です。その容姿からクールそうに見えますが、実際は陽気で人懐っこい性格です。

やや奔放なところもあり、飼い主そっちのけで遊んで迷子になることもあります。

幼少時から根気よくしつけをして、パワフルな行動力をちゃんとコントロールできるような関係性を築くと良いでしょう。

ジャーマンシェパード

飛び跳ねるジャーマンシェパード 警察犬として有名な大型犬です。

知能が高く、飼い主への忠誠心の高さも魅力的な犬種です。体力があるため、できるだけ運動をさせられる環境や散歩コースを確保してください。

飼い主に従順な本種ですが、従順であるがゆえに、しつけを間違えると凶暴に育つこともあります。飼い主による適切な管理が大切な種類です。

秋田犬

こちらを見上げる秋田犬 海外でも人気の高い日本の犬種です。家族愛が強いため、番犬として利用されてきました。頑固なところがあり、飼い主以外には懐きにくい傾向があります。

そのため、場合によっては他の犬や人間を攻撃することがあります。

飼い主によるしつけ、また小さい頃から外界とのコミュニケーションをとらせるなどの工夫をしておきましょう。

寒さには強いですが、暑さに弱いので温度管理も重要です。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP