2017年12月12日

土佐犬について1/2

土佐犬は、日本でもお馴染みの闘犬として改良されてきた非常に強くて勇敢な犬種です。

交配に使われたマスティフと似た容姿をしていることから、海外では土佐犬のことを「ジャパニーズ・マスティフ」とも呼ぶそうです。

そんなジャパニーズ・マスティフこと、土佐犬についてご紹介します。

土佐犬の特徴

土佐犬がこちらを見ている様子 土佐犬は体高約60㎝、体重約90㎏の大型犬です。

しかし個体によってサイズは大きく異なり、小さな土佐犬では30㎏ほどですが、中には100㎏を超える個体もいます。

骨格はがっしりとしており筋肉質で、皮膚にはたるみがあります。

毛色はレッドが主流ですが、ブラック、フォーン、アプリコット、ブリンドルなどがあります。

性格は飼い主に従順で、寛容的な一面もあります。しかし、やはり闘犬として作出された犬種のため攻撃性があることは否めません。

特に、メスをめぐって争うときには激しい闘争心をあらわにします。また、見知らぬ人に対しては強い警戒心を持ちます。

土佐犬は危険な犬種?

土佐犬がこちらの様子をうかがっている様子 土佐犬というと、「怖い」「狂暴」などの言葉が思い浮かぶ方も居ると思います。

実際に、土佐犬は重大な事故を起こしたことによりテレビ等で何度も報道されています。地域によっては飼育に関して規制が設けられています。

危険犬種への指定

法律や条例によって飼育が禁止されている、あるいは制限が設けられている犬種は「危険犬種」と呼ばれています。

イギリスでは土佐犬を含めた4犬種が危険犬種として指定されており、繁殖・販売することが禁じられています。

また、フランスやドイツでも飼育に制限が設けられています。

日本では危険犬種に関する法律はありませんが、危険犬種を「特定犬」として条例で定めている自治体はあります。

例えば、茨城県では土佐犬を含めた8犬種を人に危害を加える可能性がある特定犬として指定しており、飼育するときには「特定犬」と書かれた標識を出すこと、檻の中で飼うことなどが義務付けられています。

土佐犬による咬傷事故

土佐犬はかなり強い犬であるため、咬傷事故がたびたび問題になっています。

2008年10月には放し飼いされていた土佐犬が小学生と郵便配達員に重傷を負わせ、飼い主は重過失傷害容疑で逮捕されました。

翌年の2009年2月には土佐犬が飼い主を含めた通行人を襲いました。

しっかりと訓練されているように見えても、何かの拍子に興奮状態に陥って見境なく周りの人間に噛みつく恐れはあります。

これは、飼い主であっても例外ではありません。土佐犬を飼うときには、悲惨な事件を起こさないように管理することが何よりも大切といえるでしょう。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP