2017年12月17日

ミニチュア・ブル・テリアについて1/2

ミニチュア・ブル・テリアは、個性的な顔が印象的な犬種の一つです。

そんなミニチュア・ブル・テリアの歴史や特徴、飼い方などについてご紹介します。

お迎えを検討している方は、ご参考ください。

ミニチュア・ブル・テリアの歴史

ミニチュア・ブル・テリアがこちらを見ている様子 ミニチュア・ブル・テリアはイギリス原産の犬種で、ブルドッグとテリアの交配によって作出されました。

この交配によって生まれた犬たちの外観は類似していたものの、サイズにはばらつきがあり、4~5㎏ほどの小さな個体から20㎏以上ある大きな個体までいたそうです。

そして、このうちサイズの小さいものがミニチュア・ブル・テリアと呼ばれていました。

つまりミニチュア・ブル・テリアはブル・テリアを小型化したものではなく、もともとは同じ犬種だったと言えます。

初期のミニチュア・ブル・テリアやブル・テリアは闘犬として活躍していましたが、イギリスで闘犬が禁止されると同時に愛玩犬として品種改良が進められるようになりました。

この頃から少しずつ性格が穏やかになっていったそうです。

1863年にはドッグショーに出展され、サイズの小さなミニチュア・ブル・テリアが見事優勝しました。

ここからミニチュア・ブル・テリアの人気は徐々に上昇していきましたが、さらに小型化したトイサイズの身体が弱かったことからミニチュア・ブル・テリアの人気まで下がってしまいました。

これがきっかけで絶滅の危機に追い込まれたことからトイサイズの作出は中止され、もともとのミニチュアサイズに戻されることになりました。

そして、1939年にはミニチュア・ブル・テリアとして犬種登録が行われました。

ブル・テリアとミニチュア・ブル・テリアが正式に区別されるようになったのはこの時からです。

日本ではそれほど頻繁に見かける犬種ではありませんが、近年人気が高まっているそうです。

ミニチュア・ブル・テリアの特徴

ミニチュア・ブル・テリアが伏せながら尻尾をたてて何かを見ている様子 ミニチュア・ブル・テリアは体高25~35㎝、体重11~15㎏の中型犬で、筋肉質な身体をしています。

被毛は短く、毛色はホワイト、ブラック、ブリンドル、レッド、フォーンなどがあります。

独特な顔が特徴的なので、犬種を知っている人であれば一目見てミニチュア・ブル・テリアだと判断することができます。

性格は落ち着いていますが、頑固な一面を見せることもあります。

また闘犬としての気質が残っているため、勇敢で勝気なところがあります。

家族に対しては愛情深いところがありますが、子供にしつこく構われることを嫌う犬種なので注意するようにしましょう。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP