2017年10月21日

【専門家が解説】「犬のトリミング基礎知識」頻度や必要性は?1/4

監修にご協力いただきました!

氏原由佳理先生

トリマー 

トリマー歴9年。愛玩動物飼養管理士1級。ホリスティックケア・カウンセラー。

動物の専門学校を卒業後、ペットショップ、動物病院でトリマーとして勤務。

現在は自宅でサロンを開業し「心地よいトリミング」をテーマに、犬の気持ちに寄り添った負担の少ないトリミングを実践中。ちょっと大きめトイプードルと暮らしてます。

トリミングって何するの?うちの子はトリミングが必要?どれくらいの頻度でするもの?など、初めて犬を飼う方にとっては、トリミングの疑問は尽きません。

トリミングサロンを利用する前の方にも分かりやすく、トリミングの基礎知識について解説します。


スポンサーリンク

アニコムバナー①

犬のトリミングとは

カットされる犬
トリミングとは「毛を切りそろえること」です。

シザー(ハサミ)やクリッパー(バリカン)、ナイフなどを使い、犬の毛を刈ったり抜いたりしながら形を整えていきます。

犬のお手入れ全般のことを「グルーミング」と言いますが、「トリミング」はグルーミング作業の内のひとつになります。

犬種には、トリミングが必要な「トリミング犬種」と、グルーミングのみで良い「グルーミング犬種」が存在します。

トリミングが必要なのは「トリミング犬種」に分類されている犬種です。

トリミングの必要性

毛が長い犬と毛をカットされた犬 犬のトリミングには以下の役割があります。

犬の体を衛生的に保つ

トリミングが必要な犬種は、カットをしなければ永遠に毛が伸び続けます。犬の毛は人間の髪の毛の1/3程度しかありません。そのため毛を切らずに放置していると、もつれて毛玉になりやすい性質があります。

毛玉やもつれが出来ると皮膚に湿気がたまりやすく、かゆみや皮膚病を引き起こす原因となります。犬の体を衛生的に保つためにも、定期的なトリミングは欠かせません。

外部寄生虫を予防する

犬の毛を長く伸ばしていると、ノミやダニの温床と化すことがあります。ノミやダニは草むらなどに潜んでおり、犬が吐く息(二酸化炭素)に反応して体に乗り移ります。大量のノミに寄生されると激しいかゆみを引き起こします。

犬は体を掻きむしり、皮膚が赤くなったり出血する事があります。マダニはバベシア症などの様々な病気を媒介します。トリミングをすることで、ノミやダニなど外部寄生虫を発見しやすくなります。

犬の見た目を美しくする

犬種にはそれぞれ「スタンダード」があります。スタンダードとは、犬種らしさをあらわす指標のことで、犬種標準とも言われています。スタンダードに沿ったトリミングを行うことで、その犬のもつ犬種らしさを引き出すことができます。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

スポンサーリンク

アニコムバナー①


Qpet協力ドクターの紹介
カテゴリー一覧

PAGE TOP