2017年9月3日

【専門家が解説】犬の耳掃除は自宅ケアが肝心!やり方や頻度は?1/3

監修にご協力いただきました!

氏原由佳理先生

トリマー 

トリマー歴9年。愛玩動物飼養管理士1級。ホリスティックケア・カウンセラー。

動物の専門学校を卒業後、ペットショップ、動物病院でトリマーとして勤務。

現在は自宅でサロンを開業し「心地よいトリミング」をテーマに、犬の気持ちに寄り添った負担の少ないトリミングを実践中。ちょっと大きめトイプードルと暮らしてます。

犬の耳は皮脂や湿気で汚れやすく、放置すれば外耳炎を発症することもあるため、こまめな耳掃除が欠かせません。

今回は、自宅でする耳掃除のやり方について解説します。適切な頻度で耳掃除を行い、愛犬の耳の中の健康を保ってあげましょう。

犬に耳掃除をする必要性

こちらを見る犬 犬には立ち耳の犬種と垂れ耳の犬種がいます。立ち耳の犬種は、耳の通気性が良く湿気がたまりにくいため、めったに汚れることはありません。

しかし垂れ耳の犬種は、耳の構造上湿気がたまりやすく、雑菌が繁殖して外耳炎を発症しやすいので注意が必要です。

立ち耳の犬種であっても、皮脂が出やすければ耳が汚れやすくなります。特に梅雨時期などじめじめとした季節は、耳の状態が悪化しやすくなります。

健康な犬の耳は薄いピンク色で、表面はサラッとしていてべたつきません。しかし耳が汚れてくると茶色く湿った耳垢が目立ち始めます。

犬はしきりに耳を痒がり、後ろ足を使って掻くため、耳の皮膚が傷つき真っ赤になってしまうこともあります。

耳の汚れを放置していると外耳炎に進行してしまいます。そのため耳が汚れやすい犬は、自宅で耳掃除をして清潔な状態を保たなければいけません。

犬の耳掃除を自宅でしてはいけないケース

犬の耳の穴 犬の耳掃除は大切ですが、自宅で耳掃除をしてはいけないケースもあります。また、以下の症状がみられたら動物病院で診察を受けましょう。

汚れていない健康な耳

汚れていない健康な耳の場合は、耳掃除をする必要がありません。耳掃除をすることでかえって耳の中を傷つけてしまうおそれがあります。

しかし、いつ汚れても対応できるように、定期的な確認は怠らないようにしましょう。

耳に触ると痛がる

犬の耳に触れたときに「キャン」と鳴いたり、噛んできたりする場合は、外耳炎を発症している可能性が高いです。

また、耳の表面が腫れていないかも確認してあげてください。これらの症状があるときに自宅で耳掃除をすると、余計に悪化させてしまいます。耳に触ると痛がる場合は、動物病院で適切な治療を受けてください。

黒くて乾燥した耳垢が出る

犬の耳から真っ黒でポロポロと乾燥した耳垢が出る場合は、耳ダニが繁殖している可能性があります。耳ダニとはミミヒゼンダニの略称で、直径0.3ミリほどのダニのことです。

耳ダニに寄生されると激しい痒みを引き起こすため、犬はひっきりなしに耳を掻きむしったり、突然頭を振ったりします。

また、耳ダニは他の犬にも移るため、感染犬との接触は避ける必要があります。取れた耳垢はビニール袋に入れ、密封してから処分しましょう。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう



合わせて読みたい

PAGE TOP