2017年7月21日

【専門家が解説】犬のシャンプー基礎知識!適切な頻度や注意点は?1/3

自宅でする犬のシャンプーは、正しいやり方で出来ているでしょうか。自己流でシャンプーをしていると、時間がかかって大変な思いをするばかりか、犬の皮膚病の原因になることもあります。

犬のシャンプーの基本的なやり方や頻度、注意点などについて解説しますので、ご参考ください。

犬にシャンプーが必要な理由

シャワーをかけてもらう犬 犬のシャンプーには、以下の役割があります。

・体の汚れを落とし、清潔にする
・皮膚を健康に保つ
・もつれや毛玉を予防する
犬の体を洗わないでいると、だんだんと汚れがたまっていきます。汚れには、散歩でついた土汚れや、犬の体から出る皮脂汚れがあります。とくに皮脂汚れを放置していると、皮脂が酸化し、犬独特の強い臭いを発するようになります。

また、皮脂がたまることで雑菌が繁殖し、フケやかゆみの原因になります。そのままにしていると、やがては皮膚炎を起こしてしまうでしょう。適切な頻度でシャンプーを行い、皮脂汚れを落とすことで、皮膚を健康に保つことができます。

そして、汚れと犬の毛が絡まることで、もつれや毛玉ができやすくなります。もつれや毛玉ができると、風通しが悪くなり湿気がたまります。湿気は皮膚病の原因になるため、決まった頻度のシャンプーで犬の汚れを落とし、毛並みを整えておく必要があります。

犬のシャンプーの適切な頻度はどれくらい?

タオルにくるまる犬
犬のシャンプーの頻度は、1ヶ月に1度を目安に行いましょう。犬の皮膚は人間と比べて1/4程度と薄いため、洗いすぎると乾燥して皮膚トラブルの原因となります。汚れやすい犬の場合でも、2週間に1回程度に止めておきましょう。

また、梅雨などで湿気が多くなる時期は、いつもより頻度を増やしてあげると良いでしょう。湿気と皮脂は、雑菌の大好物です。そのため、皮膚炎を起こしやすいのもこの時期です。なるべく皮脂汚れを落として、皮膚を乾燥させておくよう心がけましょう。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

スポンサーリンク



PAGE TOP