2017年12月2日

犬と雪の日の散歩を楽しむコツ1/3

地球温暖化によって、暖冬と言われている日本の冬も局地的に大雪になる日があります。

また、毎年冬になると雪に包まれる雪国地方にお住いの方もいらっしゃるでしょう。

雪の日に犬とお散歩するときはどのようなことに気をつけたらよいのでしょうか?

童謡「ゆきやこんこん」で”♪犬は喜び庭駆け回り……”とあるように、一般的に犬は寒さなどに関係なく外に出ることを好む動物です。

とはいえ、やはり雪が降っているとなると普段とはかなり違った状況なので、飼い主が気をつけるべきこともいくつか増えてきます。

愛犬との雪の日の散歩を最大限に楽しむコツと、あると便利なお散歩グッズについて、まとめました。

「寒さ」に強い犬と弱い犬

犬にもいろいろな種類がいるので、当然ながら寒さに強い犬と弱い犬がいます。

どんな犬種でも雪の日のケアは欠かせませんが、まずは犬種の特徴を知ることから始めましょう。

寒さに強い犬はどんな犬?

雪道でそりをひいているシベリアンハスキー 寒い地方が原産の犬は、その場所で住むための準備が整っていることが多いです。

例えば犬ぞりなどで有名なシベリアン・ハスキーはカナダの北極圏原産です。

寒い地方の犬の毛はダブルコートと言って、表面が濡れてしまったり、雪がついてしまっても地肌まで濡れてしまうことはありません。

他に寒さに強い犬種としては、ゴールデンレトリーバーや柴犬などが挙げられます。

ただ、寒さに強いと言われている犬種でも、普段室内飼いをしている場合は寒さに耐性がついていないこともあるので、十分気をつけてあげましょう。

寒さに弱い犬は?

スムースヘアの黒いダックスフンド 体が小さな犬種や、暖かい場所が原産地の犬種は寒さに弱いことが多いです。

シングルコートの犬種、例えばスムースコートのチワワや、ヨークシャーテリア、パピヨンやトイプードル、ダックスフンドなどは、濡れると地肌まで沁みて体が冷え、風邪をひくなどのトラブルになることがありますので、特に注意してあげましょう。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP