2018年1月11日

都会型巣穴?犬用ベッドの選び方とは?1/2

家族の一員ともいえる愛犬が、ゆっくりと休むことができる寝床を与えていますか?

犬用ベッドと聞くと「犬にベッドは必要なのか?」と感じる方も少なくないのではないでしょうか。

かつて、番犬として飼われていた犬は「犬小屋」を与えてもらっていました。

現在は室内で生活を共にするスタイルが増えてきているので、犬小屋は必要ないと考えられますが、犬は本来巣穴で暮らす習性があるので「犬の専用スペース」としての犬用ベッドは、実は犬にとって重要なものだといえるのです。

犬にとってのリラクゼーションスペースである、犬用ベッドの上手な選び方を紹介します。

犬の「巣」代わりの犬用ベッドとは?

ベッドに入る3匹の子犬 犬は自分の専用スペースとして巣をつくる習性があります。

自分のお気に入りのオモチャを持ち込んだり、自分で巣の環境を整えたりすることもあります。

犬にとって、飼い主と共に過ごす時間も有意義ですが、自分の専用スペースでゆっくり休むことも必要な時間なのです。

犬用ベッドに必要な条件とは?

顔を近づける2頭のビーグル 犬は個性が豊かな動物ですから、それぞれ個体差があるといえます。

この犬種にはこのベッドというように線引きをするのは難しいことなのですが、犬用ベッドに求められるのは次のような条件だといえるでしょう。

・犬の体格よりも一回り以上大きなもの
・枕やソファのひじ掛けに頭をのせて寝るのが好きな場合は枠付きにするなど、愛犬の睡眠習慣に合わせたもの
・愛犬が隠れることが好きな場合は柔らかい素材や目隠しになるような天蓋つきにするなど性格に合わせたもの
・手入れが簡単な素材のもの
・愛犬が疎外感を感じない場所に設置できるもの

上記の条件を満たした犬用ベッドが理想的ですが、愛犬の性格や住宅環境に合わせたものに臨機応変に修正してください。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP