2017年10月11日

犬の「外飼い」で注意しておくべきポイントとは?1/3

犬を飼う方法としては、大きく分けて室内飼いと外飼いの2種類があります。どちらを選ぶかでライフスタイルが大きく変わるので、迷う方も多いのではないでしょうか。

今回は外飼いするメリットやデメリット、外飼い可能な犬種、外飼いする際の注意点などについて考えていきましょう。

犬の外飼いの“今”

庭に置かれた青い犬小屋 一昔前は、犬は庭に作られた犬小屋で暮らしているのが当たり前でした。しかし最近では外飼いをする人はめっきりと減り、室内飼いが当たり前となっています。

人気のある犬種のランキングではトイプードル、チワワ、ミニチュア・ダックスフンド、ポメラニアン、ミニチュア・シュナウザーなどの小型犬が上位を独占しています。このことからも、室内飼いが主流となっていることがわかります。

変化の理由として、一つには住宅事情があります。近年ではマンションなどの集合住宅に住む人が多くなっているので、犬を飼えるほど広い庭がないという人は少なくありません。

また、飼い犬に対する意識も変化しています。犬に番犬としての役割を期待する人は減り、犬を家族の一員として迎え入れるという意識の人が増えました。このことも、室内飼いが増えている一因だといえます。

犬を外飼いするメリット・デメリット

犬小屋の前でドリルしている犬 室内飼いを選ぶ人が増えていますが、土地の広い郊外に行けば犬を外飼いしている人はいます。外飼いのメリットとデメリットについてみていきましょう。

外飼いのメリット

・番犬として家を不審者から守ってくれる
・広い庭で運動をさせる事で、運動不足が解消できる
・抜け毛が多いダブルコートの犬でも、掃除にかかる時間が短い
・犬の体臭や排泄物の臭いが家の中では気にならない

外飼いのデメリット

・暑さや寒さ、悪天候によって体調を崩すことがある
・空間的に家族と隔離することで犬の精神的ストレスになる
・寂しさから無駄吠えなどの問題行動が多くなる事がある
・コミュニケーションが不足すると飼い主をリーダーだと認知しない事がある
・ノミやダニが寄生するリスクが高くなる
・脱走の可能性が高くなる
・蚊に吸われる事でフィラリアなどにかかる可能性がある
・他人が食べ物を与え、中毒になる危険性がある
・飼い主が犬の病気や怪我に気付きにくい
・道路に近いため事故に遭う可能性が高くなる
こうしてみると、外飼いはメリットよりデメリットのほうが多いことがよくわかります。また、室内飼いの犬が増えるとともに犬の平均寿命が延びていることから、外飼いすると寿命が短くなるという説も出てきているようです。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。
スポンサーリンク



PAGE TOP