2017年12月11日

犬が散歩で突然歩かなくなる理由1/2

犬にとって散歩はとても大切なものです。

もちろん歩けるならば歩いた方がいいのですが、歩かない理由にもよって答えも変わってきます。

この場合、まず必要なのがなぜ歩かなくなってしまったのか、その理由を見つけることが重要になります。

【理由①】犬の性格や気分によるもの

道端に座り込む少女と二匹のコーギー 犬にも「今日は散歩の気分ではない」という日があります。

これは散歩に行く頻度が毎日ではなく、隔日だったりする家庭の犬に多くみられる傾向です。

子犬の頃から散歩にいく日が不定期な場合には、今日は散歩に行かなくてもいいかと犬が勝手に判断してしまうという場合もあります。

また、内向的な性格により外界での刺激に敏感、というケースもあります。

【理由②】散歩で怖い体験をしたことがある

リードをつけたまま怯えた表情でこちらを見上げるミックス犬 散歩には飛び出すけれどとある場所にくると立ち止まってしまう、そこから先に歩こうとしないという場合はその先で怖い体験をしたのが原因である場合があります。

散歩コースにいつも吠えかかってくる犬がいる、その場所で虫や鳥に驚いた、理由は様々ですが、特定のコースだけ嫌がるという場合には何か理由があるのかもしれません。

その場合にはコースを変えてみるなど色々な場所を散歩させて散歩は楽しいものだということを思い出させてあげましょう。

怖い記憶を楽しい記憶で上書きして上げることでまた散歩で歩きだすようになるでしょう。


【理由③】飼い主のリアクションを求めている

地面に仰向けになってリラックスしているラブラドールレトリバー 犬が道端で座り込んで動かない姿を見て、笑ったことはありませんか?その反応が嬉しくて何度も繰り返している可能性もあります。

特に、立ち止まった時に犬のそばまで寄って行ったら突然立ち上がってまた歩き出す、というような様子をみせる場合は自分へ関心を向けることが目的でしょう。

他にも、自分が立ち止まればリードが緩むことを理解している犬もいます。

つまり、立ち止まれば進行方向を自分の好きな方向へ変えられる、と思っているのです。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP