2017年12月9日

初対面の犬を撫でる際のマナー&撫で方のコツ1/2

初対面の人との挨拶は、今後の関係を決める大切な通過点です。

出会ったばかりなのにため口だったり、必要以上に距離が近かったりすると、少し警戒してしまいますよね。

同じ様に、犬と人の間にも初対面の礼儀は存在します。

今回は初対面の犬と接するコツやマナーについて解説していきます。

犬に歩みよる際の注意点とマナー

【STEP.1】飼い主さんへの挨拶は大前提

飼い主の男性に寄り添って座るシェパード 犬のことはその飼い主さんが一番理解しています。

社交的な性格であっても「興奮すると噛み癖がでる」「大人しいが近くで人が騒ぐことが苦手」など不安要素があれば、初対面の人に近づけないよう気を張っていることでしょう。

シンプルに、大切な家族を他人に触られることを好まない飼い主さんだっているはずです。

小さいお子さんがいらっしゃるご家庭なら、知らない人が突然自分の子どもに近づいて接触してきたら驚きますよね。

この例えに対して「犬と人間の子どもじゃわけが違うんじゃない?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、そのような意識でむやみに人のお家の犬に接することも少し失礼なので、ちょっとだけ立ち止まって考えてみましょう。

なんにせよ、犬へ近づく前に飼い主さんへ挨拶することは当然のマナーです。

まずは飼い主さんと挨拶を交わし、会話をするようにしましょう。そして、犬へ近づく許可を得ましょう。

犬の方から近づいてきたとしても、念のため「触っていいですか?」と一言添えることをおすすめします。

【STEP.2】犬の機嫌や性格を観察

飼い主の女性の肩越しにこちらを見ているボーダーコリー 犬を撫でる以前に、まずやらなくてはいけないこと…それは犬の機嫌や性格を冷静に見極めることです。

明らかに怯えていたり、機嫌が悪かったりする場合は、近寄らないように配慮してあげましょう。

飼い主さんが許可したとしても、犬がマイナスな感情の時に接するとそのままマイナスな感情であなたを記憶する可能性が高くなります。

そうすると、次に会った時にはさらに激しく警戒されるかもしれません。

今回はお近づきになれなかったとしても、「日を改めればまったく違った出会いになるかも」と信じて、ここは辛抱です!

近所なら何度か道端で顔を合わせることで、いつのまにか犬の方から近づいてくるようになることだってあります。

【STEP.2.5】触れなかった時は、自分の声や匂いを覚えてもらう

触らずにしばらくそばにいるだけでも、次回の印象が和らぐはずです。

犬の記憶力や嗅覚は驚くほど優れていますから、自分の声や匂いを覚えてもらう事は有効な方法です。

例えば、どうしても仕事で行かなければいけないお客さんの家に犬がいる…何故か毎回吠えられる…そういう場合は無理に犬を撫でようとせず、まずは声と匂いを覚えてもらう事から始めましょう。

先ほどもお話したように、そこで無理して撫でようとしない事が、遠回りの様で一番の近道です。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP