2018年4月9日

【ペットの自宅供養】火葬後の流れについて1/2

大切なペットが亡くなったら、心を込めて供養してあげるのが飼い主としての務めです。

ここでは、ペットの火葬を終えた後の供養方法について解説します。


スポンサーリンク

アニコムバナー①

火葬後の遺骨の供養方法

犬がお墓を見ている様子 火葬後のペットの供養のスタイルは、人によって様々です。

どのスタイルが自分のペットにあっているか、それぞれの方法を検討してみてください。

納骨堂

ペットのお骨を棚に納骨するための施設が納骨堂です。

お墓に納骨するのと比べるとお金がかからないため、最近では納骨堂への納骨を選ぶ人が増えています。

また、アクセスのよい立地であることが多い、空調が効いている、定期的な手入れが必要ない、天候にかかわらずお参りができるなどのメリットもあります。

ペット霊園

ペット霊園とは、ペットのための墓地のことです。

人間を供養するときとほぼ同じサービスを提供しているペット霊園が多く、葬儀などもペット霊園でお願いできます。

ペット霊園は景色の良いところにあることが多く、またガーデン風になっているおしゃれなペット霊園もあります。

自然散骨

ペットの骨を自然に還すのが自然散骨で、主に海洋葬、山林葬、樹木葬などがあります。

特に最近注目されているのが樹木葬で、ペットを埋葬した土地に植えた苗木は、ペットが土に還るのと同時にどんどん成長していきます。

元気に育った樹木を見ることで、飼い主は亡くなったペットの存在を感じることができることでしょう。

ペットの自宅供養

庭に犬がいる様子 生きていた時と同じようにそばにいてほしい、と考える飼い主が選ぶのが自宅供養です。

自宅供養では、49日、百日、あるいは一周忌まで自宅で供養してから納骨する場合、ずっと自宅にお骨を安置する場合、自宅の庭に埋める場合などがあります。

なお人間の骨を庭に埋めることはできませんが、動物の骨を埋めるのは法律上問題ありません。

ペットのお気に入りの場所を選んで埋めてあげましょう。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。
スポンサーリンク

アニコムバナー①


Qpet協力ドクターの紹介
カテゴリー一覧

PAGE TOP