2017年12月19日

犬に暖房は必要?寒さへの耐性の違いとは1/2

室内で犬を飼うことは一般的になりつつあり、都心部ではマンションで飼うために小型犬を選ぶ人もいます。

その際に、犬に暖房が必要か悩んでしまうケースが考えられます。

犬は誕生した国や歴史が異なり、地域への適応能力に違いがあることです。

全ての犬が寒さに適応できるわけではないため、暖房による調整は必要になるのです。

犬に暖房は必要か?

飼い主の隣に座るチワワ 犬には寒い地方で生まれた寒さに強い犬と、暑い地方で生まれた寒さに弱い犬がいます。

日本犬は比較的寒さに強く、屋外でも飼育が可能です。

しかし、暑い地方や国で誕生した犬種は全体的に寒さに弱く、外で飼育したり、室温の調整を怠れば体調を崩す原因になります。

また、年齢や個体差によって寒さに対する耐性がかわってきます。

若い犬の場合は、運動量などである程度調整が可能ですが、歳をとると筋肉自体が弱るため、寒さに弱くなる傾向があります。

本来寒さに強い犬であっても、育った環境や個性で寒さに弱い犬が誕生することもあります。

暖房が必要な犬がいるだけでなく、年齢にあわせて配慮することも大切になるのです。

寒さに弱い犬はどのような犬か

マルチーズと靴 寒さに強い犬は毛が2層構造になっています。

毛足が長い上毛(オーバーコート)と、毛足が短い下毛(アンダーコート)にわかれ、ダブルコートとも言われます。レトリーバーやシュナウザー、柴犬、秋田犬、コーギーなどが代表的です。

春と秋の換毛期には、大量に毛が抜けて生え変わるのも特長になっています。

反対に、寒さに弱い犬はシングルコートといわれます。

上毛が多く、下毛が少ないのが特徴で、室内飼育されることが多い小型犬に多くなっています。

プードルやパピヨン、マルチーズ、シーズー、ヨークシャーテリアなどが代表的です。

小型犬は体温調整が苦手な犬が多く、冷暖房による調整をセットで考えることがおすすめです。

ダックスフンドは毛質によって分類がわかれます。

スムースはシングルコート、ロングへアートワイヤーヘアーはダブルコートです。

大型犬でもシングルコートの犬も存在するため確認が必要です。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP