2017年12月15日

犬にとって快適な冬の温度と湿度とは?1/2

寒い冬は人間にとっても非常に辛い季節ですよね。

特に雪の多い地域では大雪や厳しい寒さに見舞われて外出をするのも苦になります。

人間の気持ちと同じように、犬からしても冬は寒さが辛い季節でもありますので、今回は冬をテーマに犬にとって快適な温度や湿度について説明していきたいと思います。

犬にとって快適な湿度と温度は何度?

室内で大きな椅子に座る犬 実は室内の温度設定は犬の体温にも深く関わってきます。

一般的に、犬は起床間もない時が一番体温が低いといわれ、夕方に最も体温が高くなります。

ただし、犬の大きさや年齢でも変わりますので、普段から体温の確認は大切になります。

犬の平均体温は37.5度~39度といわれ、小型であれば高め、大型犬または老犬となると低めと考えましょう。

そして最も適しているとされている温度(気温)は22~26℃で、湿度は60%程度となります。

これに関しても犬により変わってきますが、子犬・小型犬・老犬に関しては室内の温度を1℃低くすることで体への負担は軽くなります。

人間が快適に感じる温度よりも基本的に1℃程度下げると良いともいわれています。

冬の特徴

冬の大きな特徴の一つとして、やはり厳しい寒さということが挙げられます。

季節の変わり目に風が大きく変わることによるもので、冬は乾いた北風が強く吹くようになります。

秋にも増して冷たく、乾燥した風が身に染みるようになりますね。

夏は暑く、湿気を伴った風ですが、その正反対と言える季節です。

極端に乾燥することによりウイルスも拡散しやすくなりますから、インフルエンザが流行り出すのもこのためです。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP