2018年2月17日

首輪との違いは?ハーネスの特徴について1/2

皆さんはハーネスについてどのくらい知っていますか?

ハーネスといえば「盲導犬がつけているもの…」といった印象ではないでしょうか。

今回はハーネスとは何か、首輪とハーネスとの違い、またハーネスの選び方や注意点についてまとめてみました。

ハーネスとは

犬ぞり ハーネスは、元々犬ぞりを引くように作られたもので、胴部分に装着することで犬の体に負担がかからないような作りになっています。

犬にとって首輪よりストレスが少なく、体にも優しいアイテムです。

首輪とハーネスの違い

ハーネスを付けた犬と首輪を付けた犬 首輪は手軽に装着ができ、普段から付けることで慣れさせるのも簡単なうえ、しつけもしやすいので、まさに初心者向けといえるでしょう。

散歩中、飼い主さんからの合図が伝わりやすいので、まだきちんとしつけができていない犬につけるのがオススメです。

サイズや種類も豊富で、可愛いデザインもたくさんあるので、選ぶのも楽しみの一つではないでしょうか。

しかし、引っ張りグセのある犬だと常にリードが張った状態となり、首に負担がかかってしまいます。

多少の負担であればしつけのためにはむしろ良いのですが、小型犬や元々呼吸器の弱い犬には注意が必要です。

ハーネスは犬の胴体に付けるものなので、衝撃を分散し、体への負担は少なくて済みます。

取り付け時も首を絞めないので安全に装着できます。呼吸器が弱い犬にも向いています。

また、首に何かをつけられるのを嫌がる犬も多いですがハーネスでしたら嫌がることなく付けさせてくれる場合が多いようです。

しかし、ハーネスは首輪と違って体の自由が大きいためストレスが少ない反面、引っ張りグセのある犬だと動きを制御しにくくなります。

首輪と比べてしつけに関しては上級者向けのアイテムだといえます。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。
スポンサーリンク




PAGE TOP