2018年7月28日

愛犬のデンタルケアの始め方1/2

愛犬を健康に過ごさせてあげるために欠かせないデンタルケア。

歯の健康は体の健康に繋がるのは犬も人も同じです。

デリケートなお口周りのケアは飼い主さんとの信頼関係を積み重ねながら行うことで、苦手を克服して健康管理がスムースに行えます。

初めてのデンタルケア、何から始めれば良い?

歯ブラシを持つ飼い主と犬 ペット用品売り場に行くと様々なデンタルケア用品が販売されていますよね。

沢山ある商品の中からどれを買おうかと迷ってしまいますが、初めてのデンタルケア、最初の一歩を踏み出す時に必要なのは、道具よりも「愛犬の口元を触れる状態である」ということです。

歯ブラシや歯磨きを買っても、愛犬の口元に触れられないのであれば、せっかく買った道具も意味をなしません。

犬が飼い主に口元を触られることに慣れるというのも大切ですが、一方的に犬が受け入れるのを強制するのではなく、飼い主も愛犬に嫌がられない触り方をするという工夫と気配りも忘れずにお互いの信頼関係を築き上げるように心がけましょう。

犬の口元を触る練習をしましょう

愛犬を抱きしめる飼い主 いきなり犬に覆いかぶさって口元を掴まれると当然のことながら愛犬も恐怖を感じ、抵抗してしまいます。

犬の口元を触る練習は日々のスキンシップの延長で積み重ねるように行いましょう。

「口元を触る」が最終的な目標ですが、日々のスキンシップで背中や胸、頭を撫でる延長上に頰を撫でたり、顎を撫でたり、鼻の上を撫でるなど顔まわりを優しく触れるようにします。

最初の頃は欲を出さずにほんの数秒でも良いです。

長く触っていることよりも、1日に触れる回数を増やす方が犬にかかる心理的なストレスが少なくて済む場合があります。

また、最初の頃はスキンシップするために犬を呼びつけるのではなく、ベッドやソファーでお互いがリラックスしている時に優しく撫でるようにしましょう。

そして、優しい声で褒めることを忘れずに。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP