2018年7月30日

SNSで話題の「#withlist」とは?大切なペットとの“これから”を実現する3つのリスト

―さよならまでに、キミとやりたい3つのこと。

Instagramで「#withlist」をハッシュッタグ検索すると、印象的なコピーが添えられたペットの画像が並んでいます。そのタイムラインを見ているだけで、飼い主さんは幸せと焦りが混じったような、不思議な気持ちになるのではないでしょうか。

#withlistを実際に使ってみることで、ペットとの「これから」を考える飼い主さんの胸の内を、ちょっとだけ覗かせていただきました。


スポンサーリンク

アニコムバナー①

#withlistとは、ペットとの「これから」を実現するSNSキャンペーン。


#withlistキャンペーン画像
※画像クリックでキャンペーンサイトへジャンプします。

「#withlist~さよならまでにキミとやりたい3つのこと~」とは、ペット保険会社のアニコム損害保険株式会社(以下アニコム)企画のキャンペーンです。

飼い主さんはLINEで“ペットと一緒にやりたい3つのこと”リスト(#withlist)をつくり、アニコムがその夢を実現するお手伝いをしてくれます。(※1)

ペットの一生は人間よりも短く、犬の場合は飼い主の約6倍のスピードで年齢を重ねていきます。頭ではわかっていても、さよならの時を考えるには勇気がいるものです。

#withlistは“さよなら”を意識することで、ペットとの暮らしの短さ、またその尊さを再認識するための企画です。

(※1)同キャンペーンの対象は、ハッシュタグ「#withlist」をつけてInstagramに投稿された#withlistです。LINEで画像を作成した段階では、対象となりません。

スマホで5分!#withlist作成からキャンペーン応募の流れ


スマホでwithlistの画面を制作する様子
STEP.01

LINEで「アニコム(@anicom)」を友達追加


STEP.02

▼MENUの「#withlist」をタップして、指示に従って作成スタート


STEP.03

完成した画像に「#withlist」をつけてInstagramに投稿すれば応募完了!


作成方法は、普段のLINEのトークと同じ感覚でとても簡単です。

#withlistがどんなキャンペーンかわかったところで、実際に飼い主さんが作成した夢のリスト、またその作成背景をレポートしていきます。

↓↓「アニコム(@anicom)」の友達追加はコチラ↓↓

LINEの友達追加ボタン

際につくってみました【YUKAと愛犬たちの#withlist】

早速ですが、YUKAさんが愛犬のショーンスターに向けてつくった#withlistがこちら。

愛犬ショーンのアイコン画像 Name :ショーン(2歳)
Dog breed :Mシュナウザー
YUKAさんとともに取材・撮影に協力してもらったワンコ。寂しがりやの甘えん坊で、家族の誰かが旅行などに行くと落ち込んで大変だったというエピソードも。


愛犬スターのアイコン画像 Name :スター(15歳)
Dog breed :MIX
留守番中のいたずらサプライズがお得意なやんちゃっ子。気分じゃない時は「構うなオーラ」が。


このリストを通して、YUKAさんと愛犬たちとの「いままで」と「これから」についてお話を聞いていきます。

#withlistに隠された、ショーンとスターとの「いままで」


愛犬ショーンが足元に座っている様子

― 二匹は年齢が離れていますが、出会いのきっかけは?


YUKA: ショーンとの出会いのきっかけはスターの“仲間ロス”です。ショーンを迎える前は、スターと先代犬ピーチ(ポメラニアン)の二匹でした。

ピーチとの死別は皆が悲しんだんですが、それ以上にスターの“仲間ロス”が深刻で心配でした。当時12歳で既にシニア期とは言っても、それまで元気だったスターが突然散歩も食事も満足にできなくなって。

スターを元気付けるために家族探しがはじまって、その最中で出会ったのがショーンです。

▼スターと先代犬ピーチ(画像左)
2匹の犬が寄り添う様子

― スター&ショーンになってからの暮らしはどうですか?


YUKA:活発なショーンが来てからは、スターもピーチと暮らしていた時のようにめちゃくちゃ元気になりました。

ショーンスターは2歳と15歳という年齢はもちろん、性格もまったく違うので面白いです。ショーンは常に誰かとくっついていないと気が済まないタイプだけど、スターには自分のペースがあったり。

あと、ショーンの方は常識あるやんちゃ坊主というか、怒られない範囲内のことしかしないんです。部屋の中に柵があったとしたら、スターはすぐに飛び越えるけどショーンは絶対に越えない。みてると、本当に真逆ですね。

ショーンが来たばかりの頃
成犬と子犬が並んで立っている様子

▼すっかりスターも元気に。
2匹の犬が寄り添って寝ている様子

#withlistに込めた、ショーンとスターとの「これから」


スマートフォンを操作している様子

― #withlistの内容はすぐに思いつきましたか?


YUKA:実際につくってみると、内容は結構悩みました。私の場合、自分単体の“やりたいこと”を聞かれたとしても、スムーズには出てこないと思います。

やりたいことがないわけではなくて、たくさんあったはずなのに、いざ聞かれると「なにがあったっけ」となるんです。

だからやりたいことって頭で漠然と考えているだけよりも、こうして形にしておくことで実際に行動する機会がつくれるようになる気がしました。

▼「うーん」
スマートフォンを片手に首を傾げる女性

▼すかさず茶々入れるショーン
飼い主にかまってほしいショーン

― ショーンくんは「これから一緒にどこへ行くか」という感じですね。


愛犬ショーンの#withlist
YUKA:ショーンはまだ2歳ということもあって、本当に“夢”に近いリストになりました。なので、リストの難易度をどこまで高くするか、かなり悩みましたね。

せっかく画像をつくるなら、「一緒に宇宙に」とか不可能なぐらいの夢を持って暮らすのも楽しそうですし(笑)。

でも、リアリティがなさすぎても自分がそのうち諦めちゃいそうなので、結果的に飼い主がギリギリ実現できそうな「美味しいものを一緒に食べる」「海外旅行」などの夢にしてみました。

― スターくんは「これからの毎日をどう過ごすか」を意識したリストになりましたね。


愛犬スターの#withlist
YUKA:具体的なリストを作ってく上で、愛犬との時間にも限りがあることを改めて実感したのが大きいかもしれません。スターは高齢なので、リストのとおり現実味があって、実現しやすいものを着実に叶えていってあげたいというのが本音です。

最近では大好きだった散歩も、家の何十メートルか前でへばって動かなくなっちゃうんですよ。ただ、歳を取ってもやり続けたいことは部屋の中にたくさんあるみたいで、気軽に上がれなくなったソファーにも諦めずに上ろうとしてます。

もうすっかりおじいちゃんで散歩は前ほど喜ばなくなったけど、家の中では変わらず頑張り屋な性格なんですよね。だから自然とリストもお家での過ごし方になったんだと思います。

スマートフォンで#withlistの画像を制作している様子

―― 最後に、#withlistをつくった感想を聞かせてください。


YUKA:ショーンのリストは実現するとなると時間がかかるかもしれませんが、そのぶん夢が叶った時の喜びも大きいはずです。そして、その大きな喜びをこの先ショーンとシェアできる可能性も十分にあると感じてます。

もしかすると、この先で#withlistが新たに更新される可能性だってあるかもしれませんよね。


飼い主の膝に抱かれているショーン
YUKA:スターはおじいちゃんなので、リストもあまり派手なものにはなりませんでした。それでも、私が今のスターにしてあげたいことを改めて考える機会が持ててよかったと思います。

スターショーンと過ごすこれからの時間が「なんとなく」過ぎていかないよう、#withlistに書いたことを振り返りながら生活してみたいです。


スポンサーリンク

アニコムバナー②

とめ


飼い主に抱かれてカメラ目線のショーン
愛するペットと過ごせる大切な時間は、限られています。でも「これから」を考えるタイミングに遅いも、早いもありません。

まだ両手に収まる小さな家族を迎えられた方も、シニア期を迎えるペットと永く過ごしてこられた飼い主さんも、いま一度、これからペットと過ごす時間の中でどんなことをしてあげたいか、リスト化してみてはいかがでしょうか?

#withlistはペットとの夢を応援してくれる存在に、そして何気ない毎日を“ちょっとだけ”幸せにしてくれるお守りになってくれるかもしれませんよ。

飼い主に顔を近づけているショーン
↓↓「アニコム(@anicom)」の友達追加はコチラ↓↓

LINEの友達追加ボタン

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。
スポンサーリンク

アニコムバナー①


PAGE TOP