2017年12月5日

ペット可マンション内見のコツ!人気イヌスタグラマーと実践レポート[湘南秋谷エリア]1/3

「犬の健康面を考えて…」
「愛犬との暮らしをもっと快適にしたい!」

色々な目的はあっても、いざ内見の日になるとなんとなく部屋を眺めて終わってしまうことってありますよね。

今回は、愛犬家から密かに支持されている湘南エリアで、実際に内見を行ってきました。

(協力:湘南海辺不動産株式会社 担当:阿部さま)

・対象物件・
グランシティユーロリゾート西海岸通り(物件ページ)
住所:横須賀市秋谷2-13-6

▼物件に関するお問い合わせ
湘南海辺不動産株式会社(湘南葉山不動産店)
住所:〒240-0112 三浦郡葉山町堀内626-3
TEL:046-877-1008
HP:http://shonan-umibe.jp/

愛犬家は物件の「ココ」を見ている!

物件探しを成功させるためには、まずは“何に悩んでいるか”を明確にし、そのために“何があると快適か”を知っておきましょう。

それだけで内見の内容も充実しますし、その繰り返しが理想の家との出会いにつながります!

とはいっても、ゼロから課題を見つけ出すのは難しいですよね。では他の愛犬家の方はどんなことで悩んでいるのか、参考までにご紹介させて頂きます。


特に多い意見から順にピックアップしたので、共感できるものがいくつかあったのではないでしょうか? 

悩みが抽象的なままでは解決策も思うように出てきませんが、このように具体的になっていれば、自ずと物件で見るべきポイントも絞られてきます。

今回は、こちらで挙げた悩みを持った人物像(Aさん)をモデルとして、実際に内見を進めていきましょう。

実際にワンちゃんと「グランシティユーロリゾート」を内見!

凛&奈々アイコン・モデル協力・
Name:凛&奈々
Dogbreed:柴犬
Instagram: @hanarin54
白柴親子の凛ちゃん奈々ちゃん。並んだ姿は、母娘というより姉妹にみえます✨

エントランス部分では「ココ」を見る!

エントランス正面

【Check.1】開錠の仕方は?

暗証番号を押すタイプ、鍵穴を回すタイプ、専用のカードを特定の場所にあてるタイプなど、エントランスの解除方法にも色々な種類がありますよね。

こちらの物件は入居者の目(虹彩)の認証でも開錠が出来るようです。多頭飼いで両手が埋まりやすいご家庭にとってはかなり魅力的な設備。

【Check.2】犬連れの際の動線は?

犬専用の足洗い場が設置されているのであれば、その位置も実際に確認しておきましょう。

一つ目は正面から直行できるのか、また足洗い場から玄関への行き来はどうなるのか、動線によってはその利便性も大きく変わります。

足洗い場とリードフック

正面から足洗い場へ直行できる道があり、ドアの開閉も必要ないのでかなりスムーズ。さらに足洗い場の奥からエントランス入り口までそのまま歩いて行けました。

足を洗う奈々ちゃん

そばにはリードフックがあるので、一匹ずつ足を洗うことも可能。地面に置きたくない荷物をかけておくのにも便利ですね。

玄関では「ココ」を見る!

【Check.1】ドアの広さはどのくらい?

玄関に並ぶ凛ちゃん奈々ちゃん 二頭連れでも楽々入れるような広さはポイント高め。一緒に歩いて出る分には多少狭くてもまったく気にならないのですが、愛犬をキャリーに入れて連れ出す時が難しいんですよね。

【Check.2】玄関の靴箱は要チェック!

散歩グッズを玄関周辺にかためて置いておければ便利ですよね。

靴箱上が物を置ける形状だったり、靴箱収納自体が大きいとリードやお散歩バッグの置き場所にも困りません。

玄関の靴箱の中

こちらの物件の靴箱は縦に大きく、中に鍵などをかけるためのフックがついています。ここにリードやバッグをかける、というのもアリですね。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。
スポンサーリンク




Qpet協力ドクターの紹介
カテゴリー一覧

PAGE TOP