2018年4月30日

犬は人生の良い先生?老犬から学んだこと1/2

子犬の時に迎え入れた犬があっという間に大きくなって、気が付いたら老犬になっていることに驚かれる方も少なくないでしょう。

犬は成犬になると人間の4倍の速さで歳を取っていくといわれています。

今回は、老犬となった愛犬を飼い続けるうちに学ぶことを紹介していきます。

犬とのコミュニケーションに言葉は関係ない?

犬と飼い主 犬と言葉で会話することは出来ませんが、どうやら犬は人間の言葉をある程度理解しているようです。

散歩や食事の話には乗り気で参加しようとしますし「予防注射や病院に連れて行かないと」などの話題が出ると気配を隠して姿を消そうとします。

反対に長い間生活を共にすると、犬のことも理解できるようになり、愛犬の顔を見ると「何がしたいのか」や「何を欲しがっているのか」の察しがつくようになります。

そんなコミュニケーションが取れる関係になった愛犬は可愛いのですが、犬は都合が悪くなると、とぼけて白を切るということもしばしば。

性格は犬によってさまざまですので、新しい家族として犬を迎える際にはそれぞれの個性もひっくるめて愛してあげてください。

犬の一生は人間よりも遥かに短いこと

芝生の上で佇む犬 可愛い子犬の時期は数ヶ月だけで、聞き分けができる賢い成犬となり、気が付くと老犬になってしまっている愛犬を見ると「時間が経つのは早い」と実感します。

一般的に犬は生後約12ヶ月で大人の体格にまで成長し、2歳になると完全に成犬となり、さらに7~8歳にはシニア世代で老犬と言われ15歳も生きれば十分長生きだと考えられます。

既述したように犬は人間の4倍の速さで歳を取るといわれていますから、老犬になるのも早いわけです。

人間にとってはルーティンのように感じてしまう1回の散歩も、犬にとってはとても意味のある散歩なのです。

長くない犬の一生のなかで飼い主の存在は非常に大きなものですから、飼い主も犬と向き合うときには最大限の愛情を持って真剣に向き合うべきではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP