2018年4月27日

【シニア犬との生活】毎日の食事で気づいてあげたい愛犬の変化と工夫1/2

愛犬の食事は健康のバロメーターです。

シニア期になると体調や年齢に合わせた食事はもちろんのこと、食事の与え方にも工夫が必要です。

愛犬の食事の変化見逃さずに体調管理ができると、美味しく、食べやすく、しっかり栄養を摂ることができて健康管理にも繋がります。

昨日まで食べていたのに、急に食べなくなった。

いつもと明らかに違う体調の変化がある場合は、食事の内容や与え方を変えるよりも先に、動物病院での受診を優先することをおすすめします。

ここでは、日々の加齢に伴う食事の変化についてご紹介します。

愛犬の食事どんな変化に気がつけば良い?

・いつもよりも食べるスピードが遅くなって完食するまでに時間がかかる
・カリカリのドライフードを食べ辛そうにしている(最後まで食べずに残す)
・食べているときにフードを食べこぼすようになった
・お皿の中のフードをうまく口に運べず舌で追い回している感がある
・食べたいのに、食べるのを躊躇っている感じがある
・ガムなどの硬いおやつを食べなくなった

犬も加齢に伴い、いままで通りにスムースな食事が出来なくなる場合があります。

床に置いたお皿からフードをパクッと咥える力や、食べ物をゴックンと飲み込む力(嚥下力)筋力も少しずつ衰え始めると、食べるスピードが遅くなったり、食べることに疲れて最後まで食べずに諦める場合もあります。

また、歯周病など歯に腫れや痛みの症状がある場合、食べたくても痛さが我慢できず食が進まないなど考えれます。

愛犬の食べる様子をしっかり観察してみましょう。

食べる姿勢を工夫してみる

ご飯を食べる時、お皿を床に置いていませんか?犬が頭を下げた姿勢で食事をするとその姿勢を保つために負担もかかります。

犬の体高が高ければ高いほど頭を下げる必要があるため負荷がかかってしまいます。

ドッグフードを食べるゴールデン 犬が頭をあまり下げず、4本足で立った姿勢で食事ができるように、ごはん用の食卓を用意してあげると咥える力や飲み込む力が弱くなった愛犬の食事の負担が軽くなります。

フードを食べる子犬
犬が立ったとき、少し首を下げた位置に食器が置ける高さが目安です。

市販されている食事台でも良いですし、ちょうど良い高さの箱や容器でも代用可能です。

大型犬の場合、園芸用品のフラワースタンド(植木鉢を乗せる台)なども便利です。

DIYなど工夫して作る場合は、食事台とお皿が滑らないように台の底面や食器を置くテーブル部分にシリコン製やゴムのカーペット用滑り止めシートを敷いて置くと安定します。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP