2017年6月9日

【獣医師監修】病気の可能性も?犬の咳の原因と対処法1/4

監修にご協力いただきました!

2009年 日本大学生物資源科学部獣医学科を卒業、その後札幌市内の動物病院を経て

2015年 アイリス犬猫病院開院
[日本獣医循環器学会、日本獣医がん学会所属]

咳とは口から喉に入ってくる刺激物や異物を体の外に出そうとする現象です。しかし、隠れた病気が原因となってでる咳ももちろんあります。

犬も“乾いた咳” “水っぽい咳”など色々な種類の咳をするので「これは病気のサインなの?」と判断に悩む飼い主も増えています。また若い犬の咳と高齢になってからの咳とでは原因や症状、咳の種類によって治療法も対処法もさまざまです。

予防接種などで予防できる咳もあれば、命に関わるような病気の場合もあるので、愛犬の咳が気になる方は一緒に確認していきましょう。

犬の咳の症状から考えられる病気

辛そうに伏せているシーズー
犬の咳は症状によって治療法も検査方法も異なります。
また診察の時に肝心の症状が治まってしまうことで正確に診断ができないというケースもあるので、携帯やビデオで動画を撮影して獣医師に見せる方法もおすすめです。

乾いた咳をする

犬フィラリア症

フィラリア症とは、犬糸状虫が動脈内に寄生し成長します。近年、フィラリアの予防薬の普及によりフィラリア症は減少していますが、感染している犬はゼロではありません。

犬糸状虫は感染している犬から蚊を媒介し、感染していない予防薬を投薬していない犬に感染します。咳がでるころには病状は進行しているためそのまま放置してしまうと死に至ります。

感染初期は無症状です。犬糸状虫の寿命は6年から7年といわれており、犬糸状虫が死んだ時に肺に詰まることで犬が咳をします。

心臓疾患

僧帽弁閉鎖不全症やその他の心臓疾患では血液の循環が悪くなり、その結果心臓が拡大することで気管を圧迫します。この場合は乾いた咳をします。
乾いた咳から湿った咳に変わった場合は心臓病の悪化により心不全を起こしている可能性があり、注意が必要です。

ケンネルコフ(伝染性気管支炎)・ジステンバー感染症

ケンネルコフ・ジステンバー感染症はウイルス性の病気です。特に子犬に多い病気といわれていて、細菌やウイルスの感染で起こります。人のインフルエンザと同様、乾燥に強く冬場に多い病気です。ペットショップやブリーダーなど狭い空間でたくさんの子犬がいる場合は感染が広がります。

子犬だけではなく老犬で免疫が低下した犬、また予防接種を受けていない犬に感染しやすい病気です。

何か詰まったような(痰が絡むような)咳をする

気管虚脱

気管虚脱は気管の軟骨が弱くなってしまい、呼吸とともに気管軟骨がつぶれてしまいます。その結果、空気のスピードが速くなることで刺激になり、咳がでます。中高齢の小型犬(特にポメラニアンやパグなど)に多い病気で、ガチョウの鳴き声のような咳が特徴です。

平らになった気管に空気の通りが悪くなるので寝ているときでも“ヒューヒュー”と喉が鳴ります。朝、夜と気温が下がると冷たい空気が気管を刺激して咳も酷くなります。

湿った水っぽい咳

肺炎

肺炎は細菌やウイルス感染が原因で起こる病気です。または食べ物を誤嚥することでも起こります。肺炎は発熱を伴い食欲が減少しますが、場合によっては命に関わる病気です

肺水腫

肺水腫は肺に水がたまる病気で、喘息のように“ゼコゼコ”といった咳を繰り返し止まらないのが特徴です。心臓疾患や癌など様々な病気で引き起こされます。肺が水に浸っている状態なので、チアノーゼ(舌が紫になる状態)呼吸困難を引き起こします。(大学の先生はこの状況を陸にいながらおぼれている状態と比喩していました。)

胸水

胸水は胸に水がたまる病気で、体内の水分(血液など)循環が悪くなり、感染症(膿胸)やリンパ液が貯留(乳び胸)することで引き起こる病気です。主に心臓疾患・腎臓病・肝臓病など循環を維持している臓器に異常が現われると起こります。

生活習慣(アレルギー)から起こる咳

煙草を持つ手 (例)アレルギーの原因
・タバコの煙
・ハウスダスト
・ステンレス食器

人同様、犬にもアレルギーによる咳をすることもあります。
咳だけではなく鼻水やクシャミ、皮膚や目の周りの痒みとしてアレルギー症状は出ます。

これらの症状は単発で咳をするだけであれば経過観察で済む場合と、咳が続いて止まらない場合とでは治療も対処方法も異なります。
「咳が長いな?」「何か吐こうとしているけど出ない」という症状がでて、初めて飼い主が気づくというケースが多いようです。

いつもと違う様子の時は動物病院で診察を受けてください。

次に症状別で対処法について細かくご説明します。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP