2017年10月8日

【獣医師監修】犬のアトピー性皮膚炎~症状・原因・治療~1/3

監修にご協力いただきました!

東京都立川市出身

国学院大学久我山高校 卒業
麻布大学獣医学科 卒業

国立市ふく動物病院 勤務
日本獣医皮膚科学会 所属
東京農工大学皮膚科 研修医
渋谷区 SHIBUYAフレンズ動物病院 院長

最近、愛犬が頻繁に身体を舐めていたり、足でかいたりする様子を見かけるようになった・・。

それはもしかすると「アトピー性皮膚炎」が原因かもしれません。

アトピー性皮膚炎というと人間が罹る疾患というイメージがありますが、犬も皮膚のバリア機能が低下することで、アレルギーの原因となるアレルゲンが体内に入り異常反応を起こします。

アトピー性皮膚炎は一度患ってしまうと完治が難しい疾患とも言われています。

長いスパンで根気よく治療しなければいけないため、疑わしい点があるようなら早めに動物病院を受診し、まずは早期発見を目指しましょう。

犬のアトピー性皮膚炎で見られる症状

犬の足 犬がアトピー性皮膚炎になった場合、次のような症状がみられます。

目や口元、腹部などに赤みがみられる

アトピー性皮膚炎は、主に目の周りや口元、腹部など被毛の薄い柔らかい部分に現れることが多く、症状が進行するにつれて皮膚が赤みを帯びてきます。

患部を頻繁に舐める

アトピー性皮膚炎の特徴は、強い痒みを伴う炎症や湿疹が生じることです。

患部を仕切りに舐めてしまうことで、それが逆に刺激となってしまい、さらに痒みが増すという悪循環を招いてしまいます。

患部を前足や後ろ足でしつこくかく

後ろ足で体を掻く犬 痒みが発生すると前足や後ろ足で頻繁にかくようになります。

皮膚をかき壊してしまうと患部に雑菌が繁殖しやすくなり、さらに痒みが増してしまいます。

皮膚からの出血、化膿

かき壊してしまうことで、出血をしたり患部が化膿してしまうこともあります。

アトピー性皮膚炎は夜中にかゆみが増すことが多く、出血するまでひっかいてしまうケースも多いようです。

顔周りであれば、エリザベスカラーを使用したり、犬用の靴下を履かせたりすることで改善を図ることができます。

被毛が薄くなる

体を舐める犬 患部を頻繁に舐めたり、ひっかくことによって、被毛が徐々に薄くなり赤みを帯びてきます。さらに症状が進行すると皮膚が黒ずんできます(色素沈着)。

フケがでる(鱗屑)

皮膚に刺激やストレスが加わることで、それに抵抗しようとし体内の反応が活発になります。

これによって皮膚の代謝が高まりフケが出ることがあります。

また、皮膚の乾燥によってもフケが発生することがあります。

一部の皮膚が固くなる(苔癬化)

炎症を繰り返すことにより、皮膚が固くかつ厚くなる状態のことです。

皮膚の苔癬化がひどくなると、外用薬の効果も比較的浸透しにくくなってしまいます。

アトピー性皮膚炎が原因である場合は、いずれの症状も左右対称に現れるのが特徴です。

目の周り、四肢、指と指の間、脇の下、腹部などに現れることが多く、初期症状では軽度の赤みや発疹を伴うことがほとんどです。

慢性化して重症になるにつれて色素沈着により皮膚の色が黒ずんできたり、膿皮症や結膜炎などの合併症を招くことがありますので早めに対処しましょう。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。
スポンサーリンク

PAGE TOP