2017年7月3日

【獣医師監修】犬の呼吸が早い(荒い)ときに考えられる原因と病気1/6

監修にご協力いただきました!

2009年 日本大学生物資源科学部獣医学科を卒業、その後札幌市内の動物病院を経て

2015年 アイリス犬猫病院開院
[日本獣医循環器学会、日本獣医がん学会所属]

犬は全身が毛に覆われているため、人のように汗をかいて体温調節をすることができません。

そのため“パンティング”といって「ハアハア」と口呼吸を早めることで体内の熱を外に出します。これは犬を飼っている方なら馴染のある光景ですよね。

しかし犬の呼吸が普段以上に速くなっている時、または荒い呼吸がなかなか収まらない時は“単なるクールダウンではない”ことを疑う必要があります。

愛犬の呼吸が早く(荒く)なる原因って?

公園でジャンプしているジャックラッセルテリア
・散歩や運動後のクールダウン
・呼吸器の異常
・痛み(ケガも含む)
・鼻炎
・発熱
・ストレス
・肥満体型
・病気(心臓疾患・呼吸器疾患・血液疾患・内分泌疾患)

こうした原因により犬の呼吸が早くなりますが、犬は普段から体温調節のためパンティングを行うので、呼吸の異常に気づきにくいケースが多いのです。

特にパグやブルドックなどの短頭種は、よく開口呼吸(口を開けて呼吸をする)をすることが多く見極めが困難です。日常生活の中で愛犬の正常な呼吸状態を把握する必要があります。

犬のバイタルサインについて(呼吸数・心拍数など)

聴診器をあてられているダルメシアン 健康状態を普段からチェックしておくことで、犬が体調を崩した際も早めに、かつ正確に変化を把握することができます。

呼吸数の計り方

犬の呼吸数は、起きている時で1分間に40回未満程度、ぐっすり眠っている時は25回未満くらいが正常値とされています。

犬が横になって寝ているなど、リラックスした状態の時なら正確に測定することができるでしょう。

お腹の上あたり(肋骨が触れる部分)の上下の動きを約30秒カウントしその数の倍が愛犬の呼吸数です。

心拍数の計り方

犬の心拍数は、1分間に60拍~140拍程度が正常値とされています。

仰向けで寝かせリラックスさせた状態で心臓側(胸の左)に手を当て15秒間計り4倍にしたのが愛犬の心拍数です。

脈拍数の計り方

その他に両後ろ足の付け根の部分に大きな血管が通っているので飼い主の親指、人差し指、中指で後ろ足の付け根を挟むように触ると脈が確認できます。

正常な状態であれば心拍数と脈拍数は同じ数値になるため、同義語として使用されることもありますが、不整脈などの場合は数値に差が出て一致しなくなります。緊急時を想定して、それぞれの測り方に慣れておくことが理想です。

次に犬の呼吸が早くなる病気を症状別に細かくご説明します。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。
スポンサーリンク



PAGE TOP