2017年11月11日

【獣医師監修】犬が蜂に刺されたら!~症状・応急処置~1/3

監修にご協力いただきました!

2009年 日本大学生物資源科学部獣医学科を卒業、その後札幌市内の動物病院を経て

2015年 アイリス犬猫病院開院
[日本獣医循環器学会、日本獣医がん学会所属]

アウトドアなどの野外での活動が増える季節、川遊びやキャンプなど、犬を連れておでかけするイベントが盛り沢山の方も多いと思います。

そんな時期に気を付けたいのが「蜂」です。犬も蜂に刺されたら、状況によってさまざまな症状を示します。

正しい知識を知って、正しい対応をできるようにしておきましょう。

愛犬家が“気を付けるべき蜂”について

花に囲まれた白い犬 ミツバチやアシナガバチ、スズメバチなど私たちの周りには多くのハチ毒を持った蜂がいます。

蜂たちは、春頃に巣作りを始め、初夏になると第一世代の働き蜂が羽化し、それ以降急速に巣を拡大していきます。

8月頃からは次の世代の蜂たちの卵が産み付けられます。

そして、9月から10月頃にその卵から次世代の蜂たちが羽化をし、繁殖時期になります。

蜂たちの警戒心が高まる8月から10月の間に、蜂に刺されることによる被害が最も多くなります。

蜂たちは、自分たちの巣を守るために、近づくと攻撃をしてきます。

初夏から秋は、犬を連れて自然が多くあるところにでかける機会も増えると思います。

その時に、不用意に蜂の巣に近づかないようにしましょう。

巣が確認できなくても、蜂を一匹でもみかけたらリードを短くして、その場を離れるよう意識して下さい。

犬が蜂に刺された時の症状とは?

蜂は「ハチ毒」を持っており、刺されるとさまざまな症状を示します。症状は大きく分けて二つあり、①局所の症状と、②全身の症状とが挙げられます。

①局所の症状

暗い部屋にいる犬
・患部の腫れ
・患部が赤くなる
・一か所を舐め続ける
・身体を触られることを嫌がる

ハチ毒の成分であるヒスタミンやセロトニンなどのアミン類、ハチ毒キニンが痛みや痒みなどの症状を引き起こします。

局所の症状は多くは約1日で消失します。

蜂に刺さたことで引き起こされる炎症によって腫れることもあります。

また、犬は痒みや痛みがあった場合、そこの部分を気にしてしきりに舐めます。

執拗に舐めたことが原因で炎症が起き、その箇所が腫れることもあります。

犬が同じ場所を良く舐めているなぁと思ったら、その個所をよく観察してみて下さい。

もし、その部分に何かに刺されたような跡があった場合、蜂の可能性もあるかもしれません。

また、犬は痛みを飼い主に言葉で伝えることができません。

痛いときは、「触らないで!」という風に嫌がったり、触ろうとすると攻撃をしてきたりもします。

犬の身体をしっかりと触ることができればいいですが、触れない場合は動物病院に行って診てもらいましょう。

②全身の症状

横になって寝るフレンチブル
・血尿(溶血によって)
・肝不全
・腎不全
・アナフィラキシーショック

ハチ毒の中に「溶血」を引き起こす成分を含んでいる蜂もいます。

溶血とは赤血球が破壊されることで、症状としては貧血や血尿、元気消失、食欲不振、呼吸が速くなるなどがあります。

蜂に刺されたら必ず溶血が起こる、というわけではありません。

しかし蜂に刺された後に上記の様な症状がみられた場合には、早急に動物病院に連れて行って下さい。

また、ハチ毒が原因で肝不全や腎不全などの臓器への障害が生じることも知られています。

元気消失や食欲不振、嘔吐、下痢など、体調に変化がある場合も、早急かつ適切な治療が必要になります。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP