2017年10月22日

【獣医師監修】犬がストレスを抱えている時にみられる7つのサイン1/4

監修にご協力いただきました!

小竹正純先生

多摩獣医科病院  院長

2002年麻布大学獣医学部獣医学科卒業

2006年多摩獣医科病院 勤務

2016年多摩獣医科病院 院長就任(現在に至る)

[川崎市獣医師会、日本小動物歯科研究会、再生医療研究会所属]

最近、愛犬がしきりに身体を気にする、無駄吠えをするようになった、よくあくびをしているなど、愛犬の様子に違和感を感じていませんか?

また、愛犬がストレスを抱えていないか心配で、確かめてみたいと思っている飼い主のみなさん。今回は「犬のストレス」についてご紹介します。

犬がストレスを感じているときに起こる症状やサインなどチェックポイントがありますので、一度チェックしてみることをおすすめします。

犬がストレスを感じているサイン(症状)

身体を舐めるフレンチブルドッグ

1.身体を過剰に舐める

犬が”自分の身体をペロペロ舐める”行為は、毛や皮膚を掃除するグルーミング(毛づくろい)といって、どの犬でも行われる正常な行動です。

これが、カーミングシグナル(ストレスサイン)かどうかを見極めるポイントは、舐めている場所にあります。

身体のいろいろな場所を舐めるのは、グルーミングとみなしても良いと思います。しかし、手や指の間など同じ場所だけを舐めている場合は、カーミングシグナルの可能性があります。

手や足、指の間の毛が茶色く変色していませんか?犬の舌はザラザラしているので場合によっては赤くなったり、毛が抜けてしまうこともあります。

2.身体を掻く

身体を後ろ足で掻く犬 ”身体をやたらと舐める”と同様に、同じところを掻き続ける行為もカーミングシグナルである場合があります。

もし同じ場所を掻き続けるような場合、皮膚炎の可能性も考えられます。まずは掻いている場所がどのような状態かを観察しましょう。

もし炎症を起こしている場合は、すぐに獣医師に診てもうことをおすすめします。

3.自分のしっぽを追いかける

自分のしっぽを追いかけて回る犬 犬が自分のしっぽを追いかけてクルクル回る場合、いくつかの理由が考えられます。

まずはストレスが溜まっている場合、自分のしっぽを追いかけることで発散させます。

次にクルクル回る行為を見て、過去に飼い主が喜んでくれたことがある場合。犬は、クルクル回る=飼い主が喜んでくれると学習します。

飼い主を喜ばせたいがために、クルクル回る行為をすることもあります。

もう一つは、退屈している場合です。特に子犬の場合、自分のしっぽという認識はあまりありません。

目に入ったものを追いかける犬の習性から、グルグル回ることが楽しくなってしまう場合もあります。

3つのうちどれに当てはまるか、よく観察をし、もしストレスが溜まっているようであればストレス解消をする工夫をしましょう。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP