2017年9月23日

【獣医師監修】犬も便秘になる?気になる症状や原因と解消法について1/3

監修にご協力いただきました!

奥田一士先生

ゆめ動物病院  院長

2003年 日本大学生物資源科学部獣医学科卒業後、都内動物病院、日本獣医生命科学大学動物医療センター研修医

2011年4月17日 ゆめ動物病院開設

[公益社団法人東京都獣医師会大田支部 大田獣医師会所属]

「最近、愛犬の排泄回数が減った」「お散歩中にポーズはとるけど排泄ができない」

それは、もしかしたら「便秘」かもしれません。犬が便秘になること自体知らなかったという飼い主に、犬の便秘の原因と解消法をご紹介します。

犬の便秘で見られる症状

トイレシートの上で撫でられる子犬

いつもより硬く、コロコロした便が出る

硬くコロコロした便が出る原因として考えられるのは、運動不足、食事が合っていない、食事の量が足りていない、水分不足、腸内環境がよくない、などです。

便が腸内に長く留まっていると水分が吸収されるため、硬くなりコロコロとした便になります。

何度も排泄のポーズをとるが出ない

「散歩途中や自宅のトイレで排便のポーズをとるが出てこない」というときは、肛門を手で摘まむようにやさしくマッサージをしてあげると、その刺激によって出る場合もあります。

食欲がおちる、嘔吐

便秘は、腸内に便が溜まっている状態です。そのため胃で消化されたものも腸内に停滞してしまうことから、胃の動きも悪くなります。

胃の動きが鈍くなることによって、空腹を感じなくなり食欲が落ちます。

また、ご飯を口にしたとしても、容量オーバーとなっている胃が受け付けず嘔吐することもあります。

お腹が張る、おならが出る

人間と同じで、犬も腸内環境が悪化することで腸にガスが溜まります。それによって、お腹が張り、臭いおならが出るようになるのです。

大腸では食べ物の残りカスから、たくさんの細菌が発生します。これが、いわゆる悪玉菌です。

この悪玉菌によって便秘になり、腸に便が停滞することで、悪臭の元となる腐敗ガスを発生します。

ガスが溜まったり、臭いおならが出るのは、便秘による悪玉菌の増加が原因です。

腸に便がたまることで、下腹部がゴツゴツとした手触りになる

前足を触られる犬 腸の中に便が溜まっている場合、犬の下腹部の左下辺りがゴツゴツとして便が溜まっているのが分かります。その場合は、必ず獣医師へ相談をしましょう。

腹部を触られるのを嫌がる

便やガスが溜まることでお腹に違和感を感じ、お腹の辺りを触られるのを嫌がります。

この場合は、便秘や消化器の疾患の可能性があるので見逃さないようにしましょう。

お尻を床に擦りつける

便が腸内や肛門付近で停滞している場合、お尻を床に擦り付けるような仕草をすることがあります。

肛門付近で停滞している場合は、肛門周辺をマッサージしてあげると出てくることもあります。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。
スポンサーリンク




Qpet協力ドクターの紹介
カテゴリー一覧

PAGE TOP