2018年2月15日

【獣医師監修】犬が頻繁におしりを舐める場合の原因とは?1/2

監修にご協力いただきました!

北里大学獣医学部卒業

2016年 新座えのもと動物病院を設立、院長に就任(現任)

犬が自分の体を舐めるのはよく見かける行動です。

しかし、1ヶ所だけを頻繁に舐め続けているなど、通常とは違った行動を見せる場合は少し気になりますよね。

今回は、犬が頻繁に自分のおしりを舐めている場合に考えられる原因について、考えてみたいと思います。

原因①:虫に刺されたり回虫や条虫が寄生している

数頭の白い犬 おしりの付近は毛が短かったり、きちんとカットされていたりするので虫に刺されやすい部分です。

また、敏感な部分でもあるので、虫刺されのかゆみも強く感じてしまいます。

刺された直後はしばらく我慢するしか方法はありませんが、事前予防として、出来るだけ虫に刺されないようにしてやる配慮が必要です。

室外犬などの場合は、蚊帳などで虫刺されを防いだり、夏場だけ室内で飼うなど虫に刺されにくい環境を整えてあげるように配慮しましょう。

サナダムシや回虫は、肛門回りよりもウンチなどの中に虫を見つける事がありますが、寄生虫の判断は素人には難しいので、あまりにも痒がる様子が続くようなら、動物病院で診てもらうことをオススメします。


原因②汚れや肌トラブル

枝をくわえたゴールデン 気が付かない間に汚れがこびりついていたり、散歩の後おしりを洗ったけれど、洗い残しやシャンプーのすすぎ残しがあって肌がかぶれてしまったり、湿気の多い季節に乾かし残しがあり、それが原因で湿疹などの肌トラブルになることもあります。

皮膚トラブルはきちんと動物病院で診てもらった方が良いでしょう。


原因③排泄機能が衰えることでのトラブル

芝生で休む2頭の犬 犬も歳をとってくると、ウンチやおしっこの切れも悪くなってしまいます。

しっかりと切れないと気持ちが悪く、擦り付けて取ろうとしたりします。

皮膚の汚れは肌トラブルの原因になるので、出来るだけおしり回りの掃除をしてあげるようにしましょう。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP