2018年7月31日

【獣医師監修】犬が痙攣をおこした時の対処法は?~応急処置・原因について~1/3

監修にご協力いただきました!

櫻井洋平先生

BiBi犬猫病院  院長

2008年3月 麻布大学獣医学部獣医学科卒業

2008年4月〜2013年11月 横浜市内動物病院勤務

2011年4月〜2015年3月 麻布大学附属動物病院 腎泌尿器科・外科 専科研修医として研修

2013年12月〜2015年5月 千葉県内動物病院勤務

2015年7月〜2016年2月 宮城県内動物病院勤務

2016年11月〜 仙台市にBiBi犬猫病院を開院

愛犬が目の前で痙攣を起こしたら、慌てますよね。

「痙攣」は突然起こるケースが多いので、事前に痙攣に関する知識を飼い主が身に付けることが大切です。

今回は痙攣が起きた際に最初にやるべきことに触れた上で、後半では考えられる原因などについてお話をしたいと思います。

犬が痙攣している時にとるべき行動

目の前で愛犬が痙攣を起こした場合、できるだけ飼い主は冷静な対応をとることが大切です。

心配のあまり飼い主がパニックを起こしてしまうと、愛犬に更に負担をかける行動をしてしまう可能性があります。

そして、混乱した状態で動くと飼い主さん自身も予期せぬ怪我などを負う場合もあります。

犬の痙攣が起きてからやるべきこと

愛犬を極力動かさないようにしましょう

横たわるフレブル 痙攣している犬は、意識が朦朧としている場合があります。

その状態の愛犬に触れて、噛まれてしまったり、ひっかかれてしまったりする危険性があります。

お互い怪我をしないためにも、痙攣が治まるまでは愛犬を動かさないのがベストです。

しかし、段差の近くであったり、安全の確保のために動かす必要がある場合は、タオルでくるむなど動かしている間に暴れてもお互い怪我をしない工夫を必ずして下さい。

痙攣が続いた時間を計る(5分以上続く場合は重積発作)

痙攣が起こった時、痙攣が続いた時間を測って下さい。体感の時間ですと、とても長く感じてしまいます。

できるだけ、時計を確認して測定してください。

痙攣が続いた時間が5分以上の場合は、重積発作の可能性があります。

重積発作は緊急の対応が必要な場合もあるので、「長い」と感じた時点でかかりつけの動物病院へ電話をつないでおき、指示を仰げる状態にしておくといいでしょう。

愛犬の周りにあるものを避ける

痙攣している犬は通常時とは異なる行動を起こすことが多いです。

愛犬の近くにぶつかると危険なもの(鋭利なもの、落下してくる危険があるもの、など)がある場合、愛犬が怪我をしてしまう可能性があります。

可能な限り、愛犬の周りにあるものを遠くに避けて下さい。

動画を撮る、または詳細のメモをとる

メモ帳とペン 痙攣中の様子を記録して下さい。

バタンと倒れるような痙攣ですか?

体の一部分がピクピクするような痙攣ですか?

前肢と後足は、ピーンと張った状態、それともバタバタと泳いでいる状態ですか?

痙攣中、意識はありますか?

失禁をしていたり、口から泡を吹いたりしていませんか?

どのような痙攣が起きているか記録して、動物病院に行った時に獣医師に伝えて下さい。

可能なら、動画を撮って持って行けると良いと思います。

痙攣直後の様子もちゃんと見ておく

痙攣直後の様子もしっかり見てあげて下さい。

痙攣の後、すぐケロッとしていることもありますし、数十分~数時間ふらつきがみられたり、異様な食欲がみられたりすることもあります。

直後の様子によって原因が特定できるケースも多いので、可能な範囲で把握しておきましょう。

愛犬にあまり刺激を与えない

痙攣が起きる時は神経が過敏になっている場合が多いです。

その時に、大きな声を出してたり、強く撫で続けたりなど、刺激を与えるような行動は控えた方が良いでしょう。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP