2017年6月9日

【獣医師監修】犬の血尿の原因は何?その症状と対処法1/4

監修にご協力いただきました!

2009年 日本大学生物資源科学部獣医学科を卒業、その後札幌市内の動物病院を経て

2015年 アイリス犬猫病院開院
[日本獣医循環器学会、日本獣医がん学会所属]

皆さんは「愛犬の今朝の尿」について質問されたら、状態やいつもと変わったところがなかったかなどを即答できますか?健康管理をするうえでチェックするべきポイントは、回数や色、臭いなどたくさんあります。

そんな愛犬の健康のバロメーターともいえる尿のトラブルの中で一番多い症状は「血尿」です。「血尿」と一口に言っても、原因はさまざまです。どんな原因があるのかを知ることで、いざ愛犬が血尿を出した時に正しい対応ができるようになります。

血尿だけじゃない!犬の尿に表れる異常のポイント

愛犬が尿をした時、その尿が正常なのか、異常なのかを普段からしっかり見極める必要があります。普段の状態を把握しておかないと、異常が起きた際にも「何が変わったか」がわかりづらく発見が遅れてしまうからです。尿のチェックポイントは以下の4つになります。

・色
・臭い
・回数
・様子(痛みを感じている様子か、など)

愛犬の尿に気になる点があれば、上記のポイントを病院に行ったときに可能な限り具体的に伝えることで、原因追究のヒントとなります。

血尿の原因として考えられる病気は何?その症状と治療法について

水を飲んでいる子犬

細菌性膀胱炎・腎盂腎炎~症状、原因、治療法~

膀胱や腎臓に細菌が感染した場合に血尿が起こることがあります。尿から細菌をみつけることで診断されます。
また、細菌性膀胱炎は、尿道の長さが短い女の子に多いと言われています。

細菌性膀胱炎・腎盂腎炎の主な症状

・血尿
・おしっこの回数が増える
・お水をよく飲む
・おしっこの臭いがきつくなる
・おしっこをする時に痛そうな様子を見せる

本来、細菌がいない無菌的な環境である膀胱に、身体の外から細菌が感染すると言われています。細菌性膀胱炎の一番の原因菌は大腸菌です。その細菌が、膀胱から尿管、そして腎臓にまで感染が広がった場合を腎盂腎炎と言います。

腎盂腎炎に至った場合の症状

・発熱
・食欲不振
・急性腎不全

このように症状が重症化することが多いので、要注意です。

細菌性膀胱炎・腎盂腎炎の治療法

治療法は、抗生剤や止血剤の内服が中心になります。ただし、尿検査をした時にpHがアルカリ性に傾いており、ストラバイト結晶(尿の中につくられる結晶のうちの一つ)が出ていた場合は、おしっこのpHを酸性に傾ける療法食を食べる必要がある時があります。

おっしこのpHがアルカリ性に傾いていると、ストラバイト結晶が作られやすくなり、こういった環境だと細菌が繁殖しやすいと言われています。

尿路結石~症状、原因、治療法~

膀胱や尿道、尿管に結石があった場合に血尿が起こることがあります。結石によって、膀胱や尿道、尿管が傷つけられることで出血します。

尿路結石の主な症状

・血尿
・おしっこが出にくそう
・おしっこの回数が増える
・おしっこをする時に痛そうな様子を見せる

おしっこ検査だけでは、結石があるかどうかまでは分からないので、診断にはレントゲン検査やエコー検査が必要になります。

結石にはさまざまな種類がありますが、結石の8割以上がストラバイト結石とシュウ酸カルシウム結石です。ストラバイト結石とシュウ酸カルシウム結石の比率は、ほぼ1:1と言われています。

ストラバイト結石は、リン・マグネシウム・アンモニアで形成され、細菌性膀胱炎を併発しているなどでおしっこがアルカリ性に傾いている場合にみられる結石です。おしっこ検査をした時、ストラバイト結晶がみられることもあります。

尿路結石の治療法

細菌がおしっこの中にいる場合は感染をコントロールしつつ、下部尿路ケア用の療法食を食べてもらうことで溶かすことができます。

シュウ酸カルシウム結石は、シュウ酸とカルシウムで形成され、酸性に傾いているおしっこでできやすいと言われています。ミニチュアシュナウザーは発生が多く、それには先天的な代謝異常や結石を形成しやすい病気が多いことに関連していると言われています。尿検査では、ストラバイト結石と同様、シュウ酸カルシウム結晶が見られることがあります。

治療法は、シュウ酸カルシウム結石は溶解ができないため、外科的な摘出が第一選択になります。

結石は、存在している場所によっては重篤な症状を示すことがあります。特に、尿管(腎臓と膀胱を繋ぐ管)に結石があった場合は、腎臓でつくられた尿が膀胱にいかないため、腎臓に大きな負荷がかかり、急性腎不全になることもあります。

また、尿道に詰まった場合も同様に腎臓に大きな負担がかかります。早急な治療が必要になるため、尿が出ないなどの症状が見られた場合はすぐに動物病院に行きましょう。

結石は一度治療して完治しても、再度形成されることが多くなります。食事やサプリメント、おやつなどの見直しも同時に必要になってきます。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP