2017年6月9日

【獣医師監修】その震え大丈夫?犬が震える理由とその対処法1/4

監修にご協力いただきました!

櫻井洋平先生

BiBi犬猫病院  院長

2008年3月 麻布大学獣医学部獣医学科卒業

2008年4月〜2013年11月 横浜市内動物病院勤務

2011年4月〜2015年3月 麻布大学附属動物病院 腎泌尿器科・外科 専科研修医として研修

2013年12月〜2015年5月 千葉県内動物病院勤務

2015年7月〜2016年2月 宮城県内動物病院勤務

2016年11月〜 仙台市にBiBi犬猫病院を開院

愛犬が震えていると、どうしたのかな?と心配になる飼い主が多いと思います。

初めて犬が震えるところを見た飼い主さんの中には、焦ったり驚いたりしてしまう人も少なくないのではないでしょうか。

犬の震えには、必ず何らかの原因があります。「犬が震えるのは単に寒いだけ」だと思い込んでいる飼い主もいるかもしれませんが、さまざまな病気が原因になっていることも考えられます。

大切な愛犬の健康を守るためにも、犬が震える理由とその対処法を知っておきましょう。

犬が震える理由

上を見るチワワ
犬が震えるのは、外界からの影響や体の不調、精神的なものなど、さまざまな原因があります。

まずは、犬が震える主な理由を見ていきましょう。

寒さを感じている

全身を被毛に覆われている犬は、寒さに強いと思われることもありますが、実は犬も寒さを感じて震えることがあります。

私たち人間も冬などに寒さを感じると、体がブルブルと震えることがありますよね。これは、冷え切った体を温めるための生理現象で、骨格筋と呼ばれる骨格を動かす筋肉が小刻みに収縮していることで起こっています。

寒さによる犬の震えもこれと同じです。寒さによって体温が低下していくと、最悪の場合、命にも関わるため、震えることで体温を上げようとしているのです。

人間にも寒がりの人と暑がりの人がいるように、犬にも個体差があり、寒さの感じ方は異なりますが、一般的には、次のような犬が寒さに弱いと言われています。

・子犬
・シニア犬
・小型犬
・耳が大きい犬
・室内犬
・シングルコート

また、寒さで震えている場合は、震えることの他に以下のような行動が見られる場合があります。

・小さく丸まっている
・温かいところから離れようとしない
・人や毛布など少しでも温かいものに近づく
・家の中では震えないのに外に出ると震える

寒さによる震えは、命の危機を知らせるサイン。後述する方法で体を温めてあげましょう。

病気療養中または病後

子犬やシニア犬、病気療養中や病後の犬が寒さに弱いのは、体温調節機能がうまく働かないから。その分、低体温症になりやすいので注意が必要です。

小型犬は特に、床や地面に近いところで生活しているうえ、体が小さいことで体温の維持が難しく、チワワのように耳が大きな犬は、熱の発散量が多い分、体温が下がりやすいです。

シングルコートの犬や日ごろから温かい室内で生活している犬も寒さに弱い傾向があります。

【シングルコートとダブルコートの違い】

犬の被毛は、オーバーコートと呼ばれる皮膚を保護する役割と持つ硬くて太い上毛とアンダーコートと呼ばれる防寒の役割を果たす柔らかく綿毛のような下毛があります。

シングルコートとは、アンダーコートがほんの僅かしかないタイプで、ダブルコートはオーバーコートとアンダーコートの二重構造になったタイプです。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。
スポンサーリンク



PAGE TOP