2017年12月17日

たまに聞く「子犬の性格診断テスト」ってどんなもの?1/2

子犬をお迎えする際に、初対面でその性格を把握することは難しいですよね 。

それを可視化する方法として『子犬の性格診断テスト』があります。

今回はテスト内容について解説していきます。

性格診断テストは絶対的?

屋外で走り寄って来るビーグルの子犬
生育過程により子犬の性格が変わる可能性は充分にあります。

あくまで診断テストは“目安”であり、性格に関わらず適した躾や接し方が最も重要となります。

とはいえ、子犬選びの基準がわからず途方に暮れている方にとって「初対面の犬のどこを見ればいいのか」という参考としては十分なのではないでしょうか。

具体的には、どんなテスト?

ご紹介するのは『ヴォルハードの子犬性格テスト』と呼ばれているもので、全10項目で構成されています。

このテストの1~5までの項目からなる省略型のテストを『キャンベルテスト』といいます。

テスト項目について

1「呼び込みテスト」
2「追いかけテスト」
3「押さえつけテスト」
4「さすりテスト」
5「持ち上げテスト」
6「とってこいテスト」
7「指つまみテスト」
8「おどかしテスト」
9「かき回しテスト」
10「落ち着きテスト」
各項目ごとに反応は『dd、d、ss、s、i』に分類され総合から診断結果を導きだします。
※テスト実施は子犬が知らない人物が行う事

次に、テスト項目の具体的な内容や、その反応による分類の基準についてお話していきます。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP