2017年12月20日

ボロニーズについて1/2

ボロニーズは真っ白で美しい毛と気品ある雰囲気が特徴の超小型犬です。

性格も人懐っこく、とても飼いやすい犬種だといえます。

そんなボロニーズの歴史や特徴、飼い方などについてご紹介します。

ボロニーズの歴史

ボロニーズが芝生の上でお座りをしている様子 ボロニーズはイタリア原産の超小型犬で、祖先犬はマルチーズやビションフリーゼなどの犬種と同様だと考えられています。

11世紀には存在していた犬種で、王族や貴族のペットとして大切に飼われていました。

オーストリアの女帝であったマリア・テレジアやロシアのエカテリーナ王妃の愛犬もボロニーズだったと言われています。

中世に入って王族・貴族の地位が没落するとボロニーズの頭数も少しずつ減少しましたが、その後も変わらず王族や貴族に愛されていました。

世界大戦のときには多くの犬種が絶滅の危機に陥りましたが、その時代にもボロニーズは王族・貴族の手によって守られていたと言われています。

一般人がボロニーズを愛玩犬として飼育するようになったのは、戦後のことです。

1980年代にはアメリカをはじめた国々にも輸出されるようになり、ドッグショーにも出展されました。

しかし、原産国であるイタリア以外での頭数は依然として少なく、一部の愛好家によってのみ愛玩犬として飼育されているようです。

ボロニーズの特徴

ボロニーズが伏せながら何かを見つめている様子 ボロニーズは体高25~28㎝、体重3~4㎏の超小型犬です。

丸い目と垂れ耳がかわいらしく、尻尾はゆるい巻き尾になっています。

最大の特徴は長くて真っ白な被毛で、理想はピュア・ホワイトとされています。

またボロニーズは明るく従順で、家庭犬として理想的な性格をしています。

内気な部分もありますが、知らない人とも徐々に打ち解けることができます。

陽気でありながらも控えめで落ち着いているので、とても飼いやすい犬種だといえるでしょう。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP