2017年9月13日

【専門家が解説】犬の爪切りは自宅でできる?やり方や頻度など1/3

監修にご協力いただきました!

氏原由佳理先生

トリマー 

トリマー歴9年。愛玩動物飼養管理士1級。ホリスティックケア・カウンセラー。

動物の専門学校を卒業後、ペットショップ、動物病院でトリマーとして勤務。

現在は自宅でサロンを開業し「心地よいトリミング」をテーマに、犬の気持ちに寄り添った負担の少ないトリミングを実践中。ちょっと大きめトイプードルと暮らしてます。

「忙しくてなかなかサロンに連れていけない」そんな飼い主の事情とは関係なく、犬の爪は伸びていきます。しかし、自宅で犬の爪切りをするにも、やり方が分からないと切ることができません。

そんな飼い主に、犬の爪切りの方法や頻度、注意点について解説します。


スポンサーリンク

アニコムバナー①

どうして犬の爪切りが必要なのか

飼い主と散歩する犬 犬の爪は歩くことで少しずつすり減っていきますが、部屋の中で暮らす小型犬は、散歩の時間が短いので、伸びていくペースの方が早くなります。

犬の爪はカーブを描くように伸びていきます。そのため犬の爪を切らずに放置していると、爪の行き場がなくなって横倒しになります。

こうなると歩くたびに爪が皮膚に食い込んで痛みが発生しますし、足先から伝わる刺激によって骨や関節を傷めたりします。

また、伸びすぎた爪が絨毯やサークルなどに引っかかる事で、根本から取れてしまうこともあります。

このように犬の爪を切らずに放置していると、生活の邪魔になったり、犬の健康を損ねる原因になったりするため、定期的な爪切りが欠かせません。

犬の爪切りを自宅ですることについて

爪を切ってもらうトイプードル 犬にとって爪切りはとても嫌な作業です。なぜなら犬の爪の中には血管と神経が通っているからです。爪切りで血管や神経に触れてしまうと痛みを感じます。

しかしどこまで血管や神経が通っているのかは見た目では分かりにくいです。

そのため、自宅で犬の爪を切ることで思いがけず出血してしまい、犬に痛い思いをさせてしまうかもしれません。

また、出血を恐れてしっかりと切れない可能性もあります。そのため自宅での爪切りは、トリミング代の節約という理由で行うべきではないでしょう。

では、犬の爪を自宅で切る理由とは何でしょうか。例えばすごく臆病な犬や、寝たきりの老犬など、外に連れ出すのが難しい犬は自宅で爪切りをするしかありません。

それにトリミングサロンに行く時間がない人も、そのままにしていると犬の爪が伸びすぎてしまうため、自宅で爪切りをしてあげないといけません。

このようにトリミングサロンを利用できない理由がある場合に、自宅で爪切りをしてあげると良いでしょう。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

スポンサーリンク

アニコムバナー①


Qpet協力ドクターの紹介
カテゴリー一覧

PAGE TOP