2017年9月8日

【専門家が解説】子犬の正しい洗い方!お風呂の頻度や注意点とは?1/2

監修にご協力いただきました!

氏原由佳理先生

トリマー 

トリマー歴9年。愛玩動物飼養管理士1級。ホリスティックケア・カウンセラー。

動物の専門学校を卒業後、ペットショップ、動物病院でトリマーとして勤務。

現在は自宅でサロンを開業し「心地よいトリミング」をテーマに、犬の気持ちに寄り添った負担の少ないトリミングを実践中。ちょっと大きめトイプードルと暮らしてます。

子犬はとてもデリケートな生き物です。そのため、成犬と同じように洗っただけでも体調不良を起こしてしまうことがあります。

子犬をお風呂に入れる前に、洗い方や注意点、適切な頻度についてしっかりと確認しておきましょう。

子犬にとってお風呂・シャンプーとは

こちらを見る仔犬
子犬は好奇心が旺盛で何にでも興味を示します。そのため体が汚れやすく、臭いが出やすいのもこの時期ならではでしょう。気になる臭いを解消するために子犬をお風呂に入れたくなるのは当然です。

しかし、小さな子犬は体力や病気に対する抵抗力がありません。そのため、あまりにも早い時期からお風呂に入れてしまうと、それが原因で体調を崩してしまうことがあります。

子犬のシャンプーは生後3ヶ月を過ぎてから

子犬のシャンプーは生後 3 ヶ月~ 4 ヶ月頃から始めるようにしてください。混合ワクチンが打ち終わるころが目安になります。

ただし 3 ヶ月を過ぎているからと言って、初めて子犬を自宅に連れて帰った日にお風呂に入れることは避けましょう。突然環境が変わったことで子犬はストレスを感じています。新しい環境に慣れるまでシャンプーは控えてください。

また、自己流のやり方でお風呂に入れてしまうと、思わぬ体調不良を引き起こし、お風呂嫌いの原因を作ってしまう可能性があります。子犬のシャンプーの手順や注意点を守って、安全な方法でお風呂に入れてあげましょう。

子犬をお風呂に入れる際の手順

タライのお風呂に入る仔犬

■STEP1 体調チェック

子犬をお風呂に入れる日は体調をチェックしましょう。いつもより食欲がなく、大人しければ体調不良の可能性があります。

また抵抗力の弱い子犬にとって下痢は危険な症状です。もしも子犬が下痢をしている場合は、シャンプーを中止して動物病院に連れて行きましょう。

■STEP2 ブラッシング

子犬をシャンプーする前にブラッシングを行いましょう。体の毛がもつれたままお風呂に入れてしまうと余計に絡まってほどけなくなります。

特に子犬の時期にもつれを作ってしまうと、その後のトリミング嫌いの原因にもなります。

スリッカーブラシを使って念入りにブラッシングをしておきましょう。

ブラッシングが終わったらコームで引っかかる部分がないかを確認します。少しでも引っかかる部分があればもつれが残っています。

もう一度ブラッシングに戻りましょう。

■STEP3 シャンプー

子犬の毛にもつれがないことを確認したらシャンプーを行います。子犬は成犬に比べて体力がありません。

あらかじめシャンプーにかける時間を決めておきましょう。できれば 10 分以内に洗い終わるようにしてください。

目安となるようタイマーを 10 分後にセットしておくと良いでしょう。

子犬は初めて行うシャンプーにビックリしてしまいます。そのため、シャワーの水流は弱めにしておきましょう。

お尻から頭の方向にむかって少しずつ濡らしていきます。

もしも子犬の体が小さいのであれば、シャワーを使わずお湯をはった洗面器の中で洗ってあげても良いでしょう。

また、顔を濡らすときは鼻に水が入りやすいので注意してください。お湯を含ませたスポンジを使って濡らしてあげると良いでしょう。

子犬の体を全体的に濡らせたら、薄めたシャンプー剤で洗っていきます。

泡立てたシャンプーで、指の腹を使ってマッサージするように洗いましょう。子犬が汚しやすい部分は、お尻、足の先、おしっこ周りです。体よりも優先的に洗っておきましょう。

顔を洗うときは目の中にシャンプー剤を入れないよう気を付けてください。もしも目に入ってしまったら、すぐに洗い流しましょう。

全体的に洗い終わったら、体を濡らしたときの要領でシャンプー剤を流していきます。

■STEP4 リンス

子犬は成犬よりも皮膚がデリケートです。そのためリンスは必ずしておきましょう。子犬の毛や皮膚を乾燥から守ります。

薄めたリンスを子犬の体全体にかけたら、すぐに流していきます。

このときヌルヌルが消えるまで完全に流してください。流し残しは皮膚病の原因になります。

■STEP5 ブロー

リンスが終わったら、タオルで子犬の体の水分を取っていきます。このときやり方によっては子犬が嫌がることがあります。

ゴシゴシと力強くふくのではなく、優しく包み込むようにふいてあげてください。

タオルで水分を取ったら、ドライヤーを使いブラッシングをしながら乾かしていきます。ドライヤーを当てた部分をスリッカーブラシでブラッシングしてください。

しかし、子犬は初めて聞くドライヤーの音や風にビックリしてしまいます。様子を見るために、最初は犬の顔から遠いお尻から乾かし始めると良いでしょう。

ドライヤーの音に慣れたと思ったら、内臓を守るためにお腹を乾かしておきます。そのあと、後ろから前に向かって作業を進めましょう。顔を乾かすときにドライヤーの風で目を火傷することがあります。

ドライヤーは子犬の体から 30 ㎝ほど離し、顔の正面から風を当てないように気をつけましょう。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう



合わせて読みたい

PAGE TOP