2017年10月5日

【専門家が解説】「犬の臭い」の原因は?ケア方法や対策について1/4

監修にご協力いただきました!

氏原由佳理先生

トリマー 

トリマー歴9年。愛玩動物飼養管理士1級。ホリスティックケア・カウンセラー。

動物の専門学校を卒業後、ペットショップ、動物病院でトリマーとして勤務。

現在は自宅でサロンを開業し「心地よいトリミング」をテーマに、犬の気持ちに寄り添った負担の少ないトリミングを実践中。ちょっと大きめトイプードルと暮らしてます。

身近で生活する室内犬の場合は、一緒に過ごしている家族は匂いに鈍感になります。
その為、愛犬の匂いなどで他人に不快な思いや、迷惑をかけていないか気にする飼い主の方は多いようです。

臭いの原因から対策方法までご紹介しますので、ご参考ください。


犬の臭いの原因その1 体臭

顔を隠す犬 犬の汗腺には、エクリン腺とアポクリン腺の2種類があります。

エクリン腺は犬の鼻先や足の裏などにあり、水分が多く含まれているサラッとした汗をかきます。アポクリン腺は犬の全身にあり、脂質やタンパク質を含んだ粘度のある汗をかきます。

アポクリン腺から出る粘度の高い汗が空気に触れ、酸化する事で臭いとなってあらわれます。

また、犬の皮膚や毛穴に存在している雑菌は、アポクリン腺から出る汗(皮脂)を食べて生活しています。このときに雑菌が汗を分解することで、独特の臭いが発生します。アポクリン腺が全身に存在している犬は、体の臭いが強くなりやすいのです。

また、雑菌は高温多湿な環境で繁殖します。そのため、雨が降り続く時期は増えすぎた雑菌によって皮膚炎が発生し、さらに体が臭いやすくなります。

犬の臭い対策 シャンプー

犬の臭いは定期的なシャンプーで防ぐことができます。シャンプー剤に含まれる界面活性剤は、油分と水分を乳化させて汚れを落とす作用があります。

つまり、シャンプーによって余分な皮脂を除去し、雑菌の繁殖を防ぐことで臭いを軽減できます。

自宅でシャンプーする場合は、だいたい2週間~1ヶ月の間隔で洗ってあげると良いでしょう。ただし、洗った後に生乾きのまま放置すると雑菌が繁殖してしまいます。

良かれと思って行ったシャンプーが、皮膚炎の原因となることもあります。しっかりと最後まで乾かすことを心がけましょう。

自宅でのシャンプーが難しい場合は、1ヶ月に1度の間隔でトリミングサロンを利用すると良いでしょう。

犬の臭い対策 毎日のブラッシング

犬の臭い対策には毎日のブラッシングも有効です。ブラッシングをすることで、犬の毛についたほこりや汚れが取り除かれ、皮膚を清潔に保ちやすくなります。

また、換毛期のある犬はブラッシングによって抜け毛がなくなれば、皮膚の通気性が良くなり臭いを予防できます。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

スポンサーリンク




PAGE TOP