2017年6月21日

老犬(シニア犬)を飼う上で必要な基礎知識1/3

どんなに元気な仔犬も、いずれ年を取ってシニア犬になります。

はしゃぎ回っている愛犬を見ると年老いた姿は想像できないかもしれませんが、犬は人間よりもずっと早く年を取るので、意外と遠い未来の話ではないのです。

だからこそ、早めにシニア犬のケアについて知っておくことが大切です。

何歳から老犬(シニア犬)になる?

エサを食べているシニアのミックス犬 シニア犬用のドッグフードは、7歳頃からの犬を対象にしているものがほとんどです。しかし犬はそのサイズや犬種によって成長の仕方に違いがあります。

大型犬は成長が緩やかで成犬になるまでに時間がかかりますが、老化のスピードは早いため小型犬や中型犬よりも若い年齢でシニア犬になります。

それに対して、小型犬はあっという間に成長するものの成犬でいる期間が長く、老化するスピードは中型犬や大型犬よりもゆっくりです。

人間でいう60歳からをシニア犬と仮定すると、小型犬であれば9~11歳からがシニア犬といえるでしょう。

中型犬であれば8~9歳、大型犬ではもっと早く7~8歳からです。

犬の老化のスピードは犬種にも左右されるため一概にはいえませんが、全体的に大きな犬ほど早く老化するといえるでしょう。

また、人間の平均寿命が延びているのと同じように犬の平均寿命も年々長くなっています。

一般社団法人ペットフード協会が行った調査の結果では、超小型犬の平均寿命は15.01歳、小型犬では14.09歳、中型犬および大型犬では13.73歳となっています。

シニア犬と一緒に暮らす期間が長くなっている今、飼い主がシニア犬の正しいケアについて知ることはますます重要になっているといえるでしょう。

犬の老化のサイン

人間とハイタッチしているシニアのチワワ 犬の老化が始まると、少しずつ変化が感じられるようになります。適切なケアを行うためには、老化のサインを見逃さないことが重要です。

睡眠時間

老化が始まると、睡眠時間が長くなります。また、雷などの大きな音が鳴ったり起こしたりしてもあまり反応しなくなります。

興味・関心

周りに興味を示さなくなるのも、老化のサインのひとつです。散歩中にほかの犬に出会っても絡みたがらなかったり、遊んでいてもすぐに飽きてしまったりします。

食事

食欲がなくなったり、逆に食事に執着するようになったりします。また、嗜好が変化して今まで与えていたフードを食べなくなることもあります。

排泄

排泄が我慢できずに、粗相をしてしまうことがあります。また、オシッコの量が減ったり、ウンチがなかなか出なくなったりすることもあります。

運動能力

体力が衰え、歩くスピードがゆっくりになります。段差が苦手になり、階段の上り下りに苦労するようになります。また、つまずく回数も多くなります。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP